高さ35m、幅155mの壮大な「希望の光」…「なばなの里」のウィンターイルミネーション24日から

東海テレビ
10.24(土)02:48
 三重県桑名市の「なばなの里」で24日から恒例のウインターイルミネーションが始まります。一足早くその全貌をお伝えします。

 藤棚をイメージしたイルミネーションを潜り抜けると見えてくるのが、メイン会場です。今年のテーマは「奇跡の大樹」。色鮮やかなイルミネーションが雄大な自然を作り出しています。

 高さ35m、横幅は155mで壮大なスケールのイルミネーションです。

 地上・海・天空の情景が移り変わり、様々な表情を楽しませてくれますが、どのシーンにも登場するのが「奇跡の大樹」です。

 今年は新型コロナウイルスの影響で生活が一変しましたが、希望の光を灯す「奇跡の大樹」には「コロナに負けない、明るい気持ちで」という思いが込められているということです。

 なばなの里のイルミネーションでは、これまでにも東日本大震災の際に「岩手の桜」、熊本地震の際には「くまモン」を大きく映し出し、時代を反映したテーマを取り上げてきました。

 今年は例年より近くで見ることができるため、見上げるようにイルミネーションを楽しむことができます。

「なばなの里」のイルミネーションは、24日から始まります。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.