飛沫を防ぐ“使い捨て”のフィルムパーテーションを開発 設置も交換もカンタン 約1万5000円

東海テレビ
07.03(金)06:23

 新型コロナウイルス対策でコンビニのレジなどに設置されているパーテーション。愛知県刈谷市の企業が、衛生面を考え「使い捨て」できるものを開発です。

 2本の支柱に張られたフィルム、飛沫を防ぐパーテーションです。刈谷市の配管工事などを行う企業が今回、開発しました。

 実際に工事で使う配管を支柱としてフィルムを張るだけなので、テーブルがあれば設置することができ、長さの調節も簡単にできます。

 また、フィルムがロール状になっていて使った部分をハサミなどで切ればそのまま捨てられ、アルコール除菌や汚れを拭く手間も省けるということです。

MONDIAの平松社長:
「休まずに働くしかない状況でがんばっていただいている皆さまに、自分の安全を確保していただくために使ってほしいです」

 価格は支柱とフィルムのセットで1万5000円ほどで、今後は全国の薬局や病院などに販売するということです。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.