オーナーは女子大学生の“お弁当屋さん” コロナ禍“リモート授業”きっかけに開業 スタッフは地元のお母さんたち 三重・熊野市

中京テレビ
09.22(水)17:00

三重県熊野市で9月にオープンしたお弁当屋さん。開店時に行列ができるなど、地元で人気のお店ですが、オーナーは21歳の女子大学生です。開業のきっかけは新型コロナの影響で授業が“リモート”になったこと。地元のお母さんたちとともに、「地域の人が交流を深められる場所」を目指します。


熊野市に9月にオープンしたお弁当屋さん「すぱいすupくまの.」。

開店の午前11時半になると、どんどんお客さんがやってきます。

Q.よく来られるんですか
「初めてなんですよね。最初に開店の時に行列がずーっと並んでて買えなくて」
「何回か来たんですけど売り切れていたみたいで」(お客さん)

地元では人気のお店です。


レジでお金の勘定をしたり、予約を受け付けたりしている女性が、お店のオーナーの久保理香子さん(21)。現在、三重大学の4年生です。

「経営者、オーナーになるんですけど。大学にも在学しているので、学生と飲食店経営者って形になります」(オーナー 久保理香子さん)


久保さんは、9月1日からカフェ兼弁当屋さんとしてこのお店をオープン。きっかけは、新型コロナの影響で大学の授業がほとんどオンラインになり、2年ぶりに熊野市の実家に戻ってきたことだったといいます。

「大学の授業がオンラインになって、新たな試みができるチャンスになったんじゃないかと思って」(オーナー 久保さん)


大学生がオーナーということに、お店に来たお客さんたちは…。

「いい子でしょう、すっごくいい子なの」
「うれしいわー。こんなお店を作ってくれて、ありがたい」
「この地域の発展のためにがんばってくれたらと思います」(お客さん)

もうすでにお客さんに愛されています。


一緒に働くのは地元のお母さんたち。なかには久保さんのお母さんもいました。

皆さんはもともと地元の人向けにさまざまな教室を開いていたのですが、新型コロナの影響でできなくなってしまいました。それを知った久保さんがお店のお手伝いをお願いしたというのです。

「楽しませてもらっています。(久保さんは)自分の娘と変わらない年代なので、みんなで『あれしよう、これしよう』って感じですごく楽しいです」(従業員)


お店を始めて3週間。これからどういうお店にしていきたいのでしょうか。

「今はテイクアウトのみの営業で、「集まって」と言いにくい時ではあるんですけど、コロナが落ち着けば人のコミュニケーションが生まれる場所になればと思っていて、熊野に関わる人が交流を深められる場所になればいいなって思っています」(オーナー 久保さん)

Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©中京テレビ|©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|Ⓒ中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©フジテレビジョン|©三重テレビ|©タツノコプロ・MUTEKING製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.