JR東海、初の赤字に 今年度損益見通しマイナス1920億円

中京テレビ
10.29(木)06:30

 JR東海は28日、新型コロナウイルスの影響で今年度の最終損益が1987年の民営化以降、初めて赤字になるとの見通しを発表しました。

 JR東海によると、今年4月から9月までの連結決算で、売上高は前年同期に比べて64.6%減の約3378億円、最終損益は約1135億円の赤字になりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、東海道新幹線の利用客や傘下の百貨店・ホテルの売り上げが大幅に減少したためといいます。

 今年度の業績見通しについては、感染の影響が続くとみて最終的な損益が1920億円の赤字になるとしました。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.