“大型助っ人”がトマト農家に登場! 人手不足や高齢化など、農家が抱える問題に期待 愛知

中京テレビ
2021.12.22(水)

愛知県東郷町のトマト農場で、ロボットの実証実験が行われました。農業が抱える高齢化や人手不足をロボットでおぎなおうと、県が“サービスロボットの実用化”を後押しするために行われたもので、ロボットの能力の高さに、農場のスタッフからは驚きの声が。


愛知県東郷町にあるトマト農場「トマロッソ東郷ファーム」。

水耕栽培で育てているのは、環境にやさしい“こだわりのトマト”。

「味に甘みとうまみを加えられるよう、栽培している品種もこだわって、1品種のみ栽培しております」(トマロッソ東郷ファーム 農場長 浅岡竜馬さん)


そんなこだわりトマトを栽培しているスタッフのみなさんには、ある悩みが…。

それは、収穫したトマトを運ぶ作業。かご1つの重さは13キロもあり、かなりの重労働なんです。

その後の選別作業は、ひとつひとつ手で行い、作業が追いつかない日もあるそうです。


女性従業員が多いこの農場では、大きな課題。

「女性の負担がかかっているところを、何かで改善できるようになってくれれば」(トマロッソ東郷ファーム 農場長 浅岡竜馬さん)


そんなみなさんの切実な願いをかなえようと、登場したのが“自動運搬ロボット”。

センサーが人の足を認識して、ついてくるしくみで、スタッフとの距離を一定に保ちながら後ろをついてくるんです。

Uターンも、お手のもの。段差もスムーズに進みます。

荷台には120キロまでのせることができ、重たいかごを運ぶ作業も安全にこなせます。

また、自動運転も備わっていて、収穫量が多い時期での活躍が期待できそうです。


その他にも、トマトの傷をAIで判別するアームロボットも登場。

ちょっと動きがゆっくりのため、作業を見たスタッフからはこんな指摘が…。
「これ、もうちょっとスピードはあがるんですかね」(スタッフ)

ちょっとさみしい意見も出ましたが、あくまで人の作業をサポートする新しい労働力として、今後は、作業スピードと正確さの向上を目指します。


実は、これらはロボットの実証実験で、愛知県が“サービスロボットの実用化”を後押しするために行われた取り組みです。

農業が抱える高齢化や人手不足をおぎなうため、今後も実験を重ね、現場での導入を目指していくということです。

Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©中京テレビ|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©2011 GONZO/ファムパートナーズ|©えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」|© CAPCOM/TEAM BASARA|©「ムッシュ!」製作委員会|©「超絶☆絶叫ランド」製作委員会|©2006 松本零士/銀河鉄道物語プロジェクト|©SANYO BUSSAN CO.,LTD./うみものがたり製作委員会|©多田かおる/ イタキス製作委員会|(C)安藤正基・一迅社/愛知県立田金高校|©講談社・フリュー・テレビ愛知/ぴちぴちピッチ製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
  • JASRAC許諾番号

    第9008707021Y45037号

    第9008707022Y45038号

  • NexTone許諾番号

    ID000007318

    ID000007452

©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.