聖火リレー三重県入り、マラソンと女子レスリングのレジェンドら快走

中京テレビ
04.08(木)00:00

 東京オリンピックの聖火リレーは7日、三重県入りし、約100人が聖火をつなぎました。

 三重県のスタートは四日市市から。第1走者は、桑名市出身でオリンピックに2度出場した元マラソン選手の瀬古利彦さんです。母校があった四日市市内を快走しました。

 そして津市を駆け抜けたのは、オリンピック3連覇を果たした女子レスリング吉田沙保里さんと、母親の幸代さん。子から母へと、聖火がリレーされました。

 三重県1日目の最終ランナーは、名張市出身のお笑い芸人・チャンカワイさんです。無事に伊勢市の三重県営総合競技場にゴールしたチャンカワイさんは「みなさんから(伝わったのは)“がんばれ”“つなごう”“明るい光を”という力でした」と話しました。

 

 東京オリンピックの聖火リレーは7日、三重県入りし、約100人が聖火をつなぎました。

Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©中京テレビ|©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|Ⓒ中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.