「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

CBCテレビ
09.11(金)02:00
2020.09.04 放送

人気プロレスラー“棚橋弘至”がリポート!アクアイグニス・素粋居

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組『チャント!』。
毎週金曜日の人気のコーナーは、岐阜県大垣市出身のプロレスラー“棚橋弘至”がリポートする『週末 愛してまーす!!』。
今回は、三重県の湯の山温泉にある『アクアイグニス』の新施設をご紹介!

全棟ヴィラスタイルの新宿泊施設

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

三重県菰野町(こものちょう)の“湯の山温泉”にあるリゾート施設『アクアイグニス』。ここは、“癒し”と“食”をテーマに2012年にオープン。温泉はもちろん、和食や洋食、スイーツの名店の味が楽しめ、年間100万人が訪れるという大人気スポットです。
そこから車でわずか1分という場所に今年7月にオープンしたのが、新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』です。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

全12棟が戸建てのヴィラスタイルで、さらに異なるテーマでしつらえ。
障子からこぼれる光が美しい“紙”をテーマにした「紙季(しき)」に、“鉄”がコンセプトの「鉄景(てっけい)」など棟の名前にもこだわり、それぞれが違ったおもむきとなっています。そして、棚橋さんが見せていただいたのが、“石”をテーマにした客室です。

室内にも巨大な石!地元産の石がテーマ

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

地元で採れる“菰野石(こものいし)”をテーマにした客室「石ろう※(せきろう)」。※ろうの字は石へんに立つ
玄関前にある大きな石が印象的です。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

素粋居では顏認証サービスもあって、予約時にスマートフォンで顔を登録すると、フロントに寄らずにチェックインが可能。スマートさもさることながら、コロナ感染防止の観点からみても嬉しいサービスです。
事前に顏認証登録がしてあった棚橋さんも体験。とびら横にある画面に顏を映して、とびらが解除されると、「すっごい、開いた!」と中に入る前からテンションが上がります。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

部屋は、リビングルーム・和室・ベッドルームの3つで構成。それぞれの部屋にもテーマの大きめな石が配置してあるのには驚きです。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

また、全棟に露天風呂が完備。「筋肉をお届けしないと!」と入らずにはいられない棚橋さんは、源泉かけ流しの温泉を楽しみます。「気持ちいいわ~。肌にしっかりまとわりついてくる軟らかいお湯だね」と、湯の山温泉の良さを実感したのでした。

グルメも満足!選ばれた3店

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

この施設の敷地内には、宿泊者以外も利用できる飲食店が3つ。
完全自家製粉のそば粉を湯の山の水を加えて打ったという香り高いそばが自慢の「そば切り 石垣」に、自社ブランドの備長炭で焼き上げる一本焼きのうな重が目を引く「うなぎ 四代目菊川」。
そして、棚橋さんがおじゃましたのは、地元・三重の海の幸と山の幸を活かした料理が味わえるレストラン「HINOMORI(ひのもり)」です。
ここは、パリに店をオープンして、わずか1年半でミシュラン1つ星を獲得したという、手島竜司氏が監修した話題の店です。

おいしすぎて、言葉が出ない!

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

まず、棚橋さんがいただいたのは“桑名産ハマグリのバターミルクソース フヌイユの香り”です。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

「美しいね。一つの絵画のようになっているよね」と、ドレスコードNGのランニング姿を気にしながら食レポ。「味が濃くて、かつてない弾力。クリームソースが最後に来るね!」とおいしさを伝えます。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

そして、メインディッシュは“やまびこ牛の熾火(おきび)焼き”です。
三重の希少ブランド“やまびこ牛”を2ヶ月熟成させたという分厚いステーキ肉。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

それを、炭が燃えた後の赤い状態の熾火(おきび)と呼ばれる炭で焼くことで、外はカリッと中はレアに仕上がるとか。目の前で食べやすくカットされていくのを見ながら、棚橋さんから出たのは「これは圧巻だね。そして絶景!」という名言。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

そして、いざ食べたあとには「ちょっと言葉が出ないです…。うますぎて、何もない!」と表現に困るほどのおいしさを感じたよう。

「ちょっと言葉が出ない」絶品ステーキも味わえる『アクアイグニス』の新たな宿泊施設『湯の山 素粋居(そすいきょ)』

今回の旅の相棒の江田アナも「言えば言うほど、野暮です!」と、賛同の食レポ。
棚橋さんは「きれいな宿泊施設に、おいしいレストラン。久しぶりに贅沢な気持ちになったよ。もうちょっとがんばったら素粋居!…みたいな目標になるよね」と、今回の旅を締めたのでした。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.