時速500kmでは新幹線にない細かい揺れも…リニア新幹線「走らせない走行試験」 浮上させデータ収集

東海テレビ
2020.12.04(金)19:05
 愛知県小牧市にあるJR東海の研究施設で、リニア中央新幹線の「走らせない走行試験」が公開されました。

「浮上」の合図で4センチほど宙に浮き上がるリニアの車両。JR東海が4日公開したのは、リニアを磁力で浮かせ走行中と同じ状態を再現する試験装置で、実際に走らせなくても走行時の車両の「揺れ」がテストできます。

 この装置では、地震や設備の故障などの状況を再現することができるため、山梨県の実験線での走行テストでは得られないデータを集めることができるということです。

 営業運転時は最速で時速500キロを予定しているリニアでは、走行時に東海道新幹線にはない細かい揺れが生じるということで、JR東海は乗り心地の改良を進めていくとしています。
Locipo(ロキポ)
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|@東海テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|大須押忍押忍推すし,大須,レポーター,テレビ愛知,コスプレーヤー各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.