東山公園の樹木折れ電線に、付近の住宅一時停電 名古屋・千種区

中京テレビ
07.10(金)22:00

 10日夜、名古屋市千種区の東山公園の樹木が折れて電線に倒れかかり付近の住宅が停電しました。雨による地盤の緩みが原因の一つとみられています。

 名古屋市の東山総合公園によりますと、10日午後7時50分ごろ、東山公園の敷地内の樹木が折れ、電線に倒れかかっているのが見つかりました。樹木は、高さ17メートルのブナ科の「アベマキ」で、根元から折れていました。

 根の衰弱と雨による地盤の緩みが原因とみられています。

 この倒木により、付近の約70戸が停電しましたが、現在は、復旧しています。公園の中は異常がないか、職員が定期的にパトロールしているということです。

 東山総合公園は「迷惑をかけて申し訳ありません」とコメントしています。

 東山動植物園の営業に影響はなく、11日は通常通り開園するとしています。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.