「叡王戦は上達のヒントいただけた」豊島竜王の『叡王』就位式 次の対局は竜王戦第2局 羽生九段と

東海テレビ
10.20(火)18:31
 愛知県一宮市出身の豊島将之竜王が獲得した2つ目の将棋のタイトル、「叡王」の就位式が20日、行われました。

 紋付き袴姿で登場した豊島将之新叡王(30)。9月に永瀬拓矢王座(28)から「叡王」のタイトルを奪いました。

 叡王戦は3年前に昇格した一番新しいタイトル戦で、本来七番勝負ですが、将棋の引き分けにあたる「持将棋」が二度あり、今期は異例の「九番勝負」となりました。

豊島新叡王:
「今回の叡王戦で上達するためのヒントをたくさんいただけたと思っています。それを生かして、これから時間をかけて形にしていけたらと思っています」

 豊島新叡王の次の対局は名古屋。22日から「竜王」のタイトル防衛戦第二局で、羽生善治九段(50)と対局します。

※画像と動画は「niconico」提供
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.