免税店は半年間の売上わずか600万円…中部空港の上半期利用客が過去最低に 前年同期比で90%減

東海テレビ
10.26(月)15:57
 中部国際空港の4月から9月までの今年度上半期の利用客は、新型コロナウイルスが大きく影響し、去年の同じ時期に比べて90%減って過去最低となりました。

 中部国際空港によりますと、今年4月から9月までの利用客数は、去年の同じ時期に比べて90%減って72万人余りと、上半期として過去最低を記録しました。

 新型コロナの影響で4月からおよそ2か月半にわたり国際線の運航がゼロとなったほか、国内線も便数が大幅に減少しました。

 また、空港内の店舗の売上高も95%減って10億円と過去最低で、そのうち免税店はわずか600万円でした。下半期についても中部国際空港は「急激な回復は考えにくい」としています。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|おとなの秘密基地,万年筆,後編各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.