名古屋は最低気温10度→最高22.6度…東海地方で20日朝この秋一番の冷え込み 寒暖差大きい1日に

東海テレビ
10.20(火)17:06
 20日朝の東海地方は19日より一段と気温が低くなり、この秋一番の冷え込みとなりました。午後にかけては天候に恵まれ、次第に暖かくなり過ごしやすい陽気になりました。

 20日午前6時ごろの岐阜県高山市六厩です。建物の屋根や草むらに霜が降りています。朝の最低気温は氷点下1.5度を観測。東海地方では今シーズン初めての氷点下となりました。

 20日朝の東海地方は各地でこの秋一番の冷え込みとなり、名古屋では最低気温10.0度を観測。

男性:
「いっぺんに寒くなったので上着を着てきました。朝から寒かったので、家の中にいても1枚羽織っていたぐらい」

 午後になると…。

(リポート)
「午後1時前の名古屋・栄です。朝とは打って変わって、上着が要らないくらいの暖かさです」

 午後は次第に気温が上がり、最高気温は名古屋で22.6度、三重県尾鷲市で23.9度など、過ごしやすい陽気となりました。

街の人:
「気温差が激しすぎて、体調が悪くなりやすいです。のどが痛くなっちゃう」

 気象台によりますと、朝と昼の寒暖差が大きい日はしばらく続くとみられます。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.