全国最大の下落率に…名古屋の繁華街『錦三』 地価が19%ダウン コロナで客足遠のいたことが影響か

東海テレビ
10.28(水)18:11
 新型コロナの影響で名古屋の繁華街「錦三」の地価が19%ダウン。全国最大の下落率です。

 国税庁の調査によりますと、新型コロナの感染が広がった今年6月末の地価動向は、名古屋市中区の繁華街にある3つの地区で、今年1月に比べ15%以上下落したことがわかりました。

 中でも「錦三」の下落率は19%と大阪ミナミの繁華街・宗右衛門町と並び全国最大です。

 新型コロナの感染拡大で、今年4月に緊急事態宣言が出されるなど、多くの飲食店が営業を自粛したほか、その後も企業の接待や宴会を避ける傾向が続き、客足が遠のいたことが影響したとみられています。

 一方で、相続税などの算定基準となる路線価は、6月末時点でいずれの地域でも地価を上回っていないため、国税庁は補正を見送っています。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|おとなの秘密基地,万年筆,後編各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.