“万博おばあちゃん”聖火ランナーに 緊急手術乗り越え…「楽しんで走りたい」 愛知

中京テレビ
04.05(月)09:30

東海地方で、3日から始まる聖火リレー。2005年の「愛知万博」に休まず通い続け、一躍有名になった“万博おばあちゃん”が5日、聖火ランナーとして走ります。実は、去年10月に病気が発覚。緊急手術を乗り越えて挑む聖火ランナーの大役ですが、「楽しんで走りたい」という名物おばあちゃんに注目です。


愛知県瀬戸市内の河原でジョギングをする女性。聖火ランナーに選ばれた、山田外美代さん(71)です。

右手にはペットボトル。トーチを持つイメージでいつも練習しています。


山田さんといえば、2005年に開かれた「愛知万博」に185日間休まず通い続けた、“万博おばあちゃん”として知られています。

その後も韓国やイタリアの万博などにも通い、10年前の上海万博では、中国の首相から日中交流への貢献をほめたたえられたほど。そうした功績が認められ、聖火ランナーに選ばれました。

しかし、新型コロナの感染拡大の影響で、去年の聖火リレーは中止に。大会も1年延期となりました。

緊急事態宣言が出されていたときは自宅の周りを走るなど、1年後を見据えてトレーニングをしていましたが、これからどうなるか不安だったといいます。


そんな山田さんに去年10月、ある“異変”が起こります。

体の痛みを訴え、緊急入院。検査結果は、急性胆のう炎でした。医師からは手術する必要があると告げられました。

「先生が『(手術は)2月はどうかな?』って。『(手術後)どのくらい動かない方がいいですか』って聞いたら、『1か月ちょっとかな』と言われて。『実は聖火ランナーやりたいんです』って言ったら、『じゃあ早くしようか』って」(山田外美代さん)


予定より1か月以上早めての手術。安静期間を経て、今年2月からトレーニングを再開しました。

病を乗り越え、常に前向きな気持ちでこの1年を過ごしてきた山田さん。

聖火リレーで伝えたいことは…。

「(入院中に)看護師さんたちが『楽しんで走ったら、私たちもきっと元気になるからね。おばあちゃんも頑張ってね』って言われたときに、あ、頑張りたいと思いました。ぜひ楽しんで走りたいです」(山田さん)


【中京テレビ 「キャッチ!」 4月2日放送より】

Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©中京テレビ|©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|Ⓒ中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©フジテレビジョン|@テレビ愛知各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.