愛知で40ミリ,岐阜30ミリの激しい雨の見込み…土砂災害や河川の氾濫に警戒を

東海テレビ
07.11(土)09:58
 東海地方は、11日夜から12日明け方にかけても局地的に非常に激しい雨が降る見込みで、気象台が土砂災害などへの厳重な警戒を呼びかけています。

 東海地方は、前線の影響で12日明け方にかけて局地的に大雨となり、いずれも多いところで愛知県で1時間に40ミリ、岐阜県で30ミリなど激しい雨が降る見込みです。

 岐阜県下呂市では、3日の降り始めから11日午後3時までの雨量が965ミリに達するなど、例年の7月1か月の雨量の2倍以上を記録していて、現在、警戒レベル4相当の「土砂災害警戒情報」が出されています。

 また、高山市にも「土砂災害警戒情報」が発表されています。

 飛騨地方では、既に土砂崩れが発生している場所が複数あるほか愛知県内でも地盤が緩んでいるところがあり、気象台は土砂災害や川の氾濫などに、厳重な警戒を呼びかけています。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.