かつて芭蕉が畑を俳句に詠む…『むらさき麦』が色付き見ごろ迎える 愛知・岡崎市 旧東海道・藤川宿

東海テレビ
05.10(月)12:07
 愛知県岡崎市の旧東海道沿いで、江戸時代の俳人・松尾芭蕉ゆかりの『むらさき麦』が色付き、見ごろを迎えています。

「ここも三河むらさき麦のかきつばた」

 旅の途中に立ち寄った松尾芭蕉が、一面に広がるむらさき麦の畑を俳句に詠んだ、旧東海道の藤川宿。

 今年も地元の市民グループがおよそ1.2ヘクタールにむらさき麦を作付けし今が見ごろです。

 このむらさき麦は6月初旬に刈り取られ、近くの道の駅で販売するうどんやパン、地ビールなどの材料として使われます。
Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©中京テレビ|©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|Ⓒ中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©フジテレビジョン|©VANGUARD overDress Character Design ©2021 CLAMP・ST各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.