隠れた名品「ご飯のお供」を食べ比べ!わき役なのにご飯がとまらない!

テレビ愛知
07.01(水)06:00

2020年6月14放送

【デラメチャ気になる!】プライベートでも仲良し&顔もそっくりなはるな愛と村上佳菜子が東海地方で気になる店気になる人のもとを訪れ自由気ままにそのワケを探ります。

今回は、見た目はひっそり地味だけど、ついついおかわりしちゃう、隠れた名品を食べ比べ!愛知県のご飯のお供から番組が厳選した6品を食べ比べします。最後に一つ買うとしたらこれだ!というのを最後に選びます。

愛知県ひっそりオンザライス選手権

まずは、名古屋市から!
写真 のり子さん
国も認めた!海苔ふりかけの女王!
荒木海苔店『名古屋嬢 ふりかけ のり子さん』


リピート率、脅威の80%以上!水産庁長官賞も頂いています。

何がすごいかというと海苔の質。極上の味付け海苔がたっぷり!

  600円でこんな量!?

ただの海苔ふりかけと思ったら大間違い。味や食感にとことんこだわっているんです。


老舗海苔問屋「荒木海苔店」。発売から11年、今では売れすぎて端切れが集まらず、高級版海苔を粉砕して使うことも!いざ、審査!


 これ、どんどんご飯が進んじゃう!

続いては美浜町から驚きの商品!

生たまご『海老もっこり』360円

「もっこり」って何のこと? その答えは…黄身。

齋藤さん 「黄身に爪楊枝が15本刺さります!」

 ほんとだ〜!

この弾力こそ、味が濃厚な証拠!

その秘密は!?

齋藤さん『美浜町の特産の「高級えびせんべい」を与えて育てた鶏の卵。それを食べた鶏は健康的で卵ももっこりとした甘味のある濃厚な卵になる。』

海老せんべいで黄身がもっこりだから「海老もっこり」なんです。世界初の飼育法!激ウマの「卵かけご飯」が食べられると大評判!そのお味は、

  うわ〜濃厚だよ、うま!


三つ目は〜



『濱納豆』 822円

こちら納豆ですが、糸を引きません。実はコレ、かの家康公も好物だったという!

愛知県には豊橋にある、この一軒のみ。創業140年の國松本店。國松本店社長の國松さんに濱納豆について伺ってみました。

國松さん 「昭和40年ぐらいまで、梅干しのような存在で食卓にあったもの。歴史は1200年ほどあって、日本の味噌や醤油の原点みたいなもの。徳川家康は健康オタクということで、濱納豆を好んで召し上がったと聞いています。」

すご〜〜〜い

栄養満点な濱納豆!しかし、完成までに苦労が多く今では愛知県でここのお店だけに。手間がかかる作業だけに、栄養価も高く保存食として適している。まさにうま味食!

國松さん 「儲かりません!採算にはなりませんけど、こんなに力を持っている食品はありません。コレは絶対に日本から絶やしちゃいけません。」

先人の知恵が詰まった激レア納豆の味は?

 1個で味が濃い!納豆1パックをギューってした感じ!

そしておすすめの食べ方が


 体に良さそうだし、おいし!一石二鳥〜

次のエントリーは、


豊橋からエントリー!甘くて旨味たっぷり!奇跡の甘露煮!

『メヒカリの甘露煮』270円

メヒカリの甘露煮を作れるのは、日本でも数か所。その代表格が、三河産。


どこよりも美味しく、形も美しいと全国的に評判なんです!メヒカリは足が早く、煮崩れしやすため、甘露煮作りは難しいとされてきたのです。

他県の水産加工会社から「奇跡」と呼ばれていました。作っているのは、三河湾のすぐそばにある「平松食品」。大正時代から続く老舗の佃煮屋さんです。




さらに奇跡を生み出したのは、三河地方で長年培培われてきた、佃煮の製造技術です。

まず、水揚げされたメヒカリを、その日のうちに素焼きにし、表面がきつね色になるまで焼き上げます。


  これにご飯で十分美味しそう!

それを一晩寝かせたら、いよいよ「炊き上げ」!身が壊れないよう、タイミングをはかり、慎重に鍋から出します。


見事、魚の形をそのままに。コレが奇跡と言われる所似

平松さん 「佃煮は見た目も大事だと。形があって佃煮だと。魚だぞというのが先代からの教えです。

  メヒカリ1匹につき、ご飯4回は運べた


まだまだ愛ちゃんの胃袋は満たされない!?続いては…


太田さんの「かりもり粕漬け』・・・

道の駅に並ぶと瞬く間に売れてしまうことから『幻の漬物』と呼ばれています。かりもりとは白瓜の1種で、愛知県の伝統野菜にも認定されています。漬物に最適な野菜なんです。気になったスタッフは、太田さんに会いに清須市へ。こちらが漬物名人、太田ゆみさん。御年86歳

  えーすごいね!

スタッフ 「出来上がるまで、どれぐらいかかるんですか?」

太田さん 「約1年」

 1年!?

爆売れの粕漬け。作り方を聞くと、最初に連れって行ってくれたのが…


  すごい!かっこい!

かりもり畑へ すると…


お客さんから注文とお礼の電話がかかってきました。

 直接聞くと嬉しいよね〜


かりもりは4月に苗を植え、8月に収穫します。収穫したら、すぐさま半分に切って、種を抜き、塩をつけて1か月以上漬け込みます。

 

塩漬けが終わるころ、粕床作りを開始。

9月は酒粕と砂糖を丁寧にかき混ぜクリーム状に。


塩が抜けたら本漬け用の粕床に赤ザラメを加え、さらに練り込みます。


ここからが大変。3か月ごとに酒粕を入れ替え、およそ一年間かけ本漬けを繰り返すのです。


一年の歳月をかけた『太田さんのかりもりの粕漬け』。

 シャッキシャッキ

 作り方をみたから、その通りだって味がする。丁寧にお仕事をされた味なんだって

最後は豊田市からエントリー。ゆたか牛しぐれ煮


ご飯のお供に1,500円も払えないと、眉をひそめる方がいらっしゃるかも知れませんが、今話題のブランド牛「ゆたか牛」を使った逸品なんです。

ゆたか牛、初めて聞いた


ゆたか牛をブランド化したのが谷澤牧場。

出荷するのは年間40頭だけ。旨味の深い味わい上質な肉で、今多くのシェフから注目を集めています。


谷澤さん 「ゆたか牛は、出産を経験した牛、経産牛を全国から仕入され再飼育した牛。おからやトウモロコシなどを乳酸菌で発酵させた餌を与えて、赤身のおいしい肉になる。」


美味しさが増し、脂もまろやかになるんです。

 口の中に入れた瞬間に香りが

 すごく美味しい。すき焼きのような風味が口の中でフワって広がって


食全国・愛知で見つけたご飯のお供6品!藍ちゃん佳菜子ちゃんが選んだ一品とは!?



 太田さんのかりもり漬け


一緒じゃん!

取材先


・荒木海苔店

・名古屋市中村区名駅5丁目

・052−582−0007

・名古屋嬢ふりかけのり子さん 648円

・極上味付け海苔を使用



・アイナン産業

・愛知県知多郡美浜町古布平井10

・0569−82−0372

・海老もっこり360円(10個入り)

・海老せんべいを与えて育てた鶏の卵



・國松本店

・愛知県豊橋市船町125

・0532-52-5252

・濱納豆 822円

・味噌、醤油の原点となる調味料。濱納豆を作るところは、日本で10か所ほどあり、愛知県では國松本店のみ。



・平松食品

・愛知県豊川市御津町佐脇浜三号地1−27

・0533-77-2468

・メヒカリの甘露煮 270円

・蒲郡の特産「深海魚メヒカリ」の甘露煮。日本では数か所でしか作っていない。傷みが早く身が崩れやすいので、甘露煮にするには高い技術を要する。



・太田ゆみ

・愛知県清須市一場1490

・080-6929-9871

・かりもりの粕漬け 500円〜

・1年かけて漬け込む。甘くてシャキシャキ食感。朝市に出すと飛ぶように売れる。


・谷澤牧場

・愛知県豊田市枡塚西町北屋敷118

・0565-21-1338

・ゆたか牛しぐれ煮 1,540円

・豊田市発のブランド牛。経産牛を独自の飼料で育て、氷温熟成でやわらかく甘味があり、まろやかな脂の赤身に。












Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.