愛知県職員ボーナスも10年ぶり引き下げ勧告 新型コロナの影響

中京テレビ
10.27(火)11:40

 愛知県職員のボーナスにあたる「特別給」について、県の人事委員会は27日、0.05か月分引き下げるよう大村秀章知事と県議会に勧告しました。県職員のボーナス引き下げ勧告は10年ぶりです。

 勧告はこれまでの4.5か月分から4.45か月分に引き下げる内容です。新型コロナウイルスの影響で民間企業のボーナス支給割合が下がっていることを受けたもので、引き下げ勧告はリーマンショックが影響した2010年以来です。大村知事は「尊重して適切に対応したい」と答えました。

 対象は、愛知県職員約5万5000人で1人あたり平均2万円の減額。総額約15億円の人件費が削減される見込みです。

 公務員のボーナスについては、今月20日に名古屋市でも10年ぶりに引き下げ勧告が行われています。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|おとなの秘密基地,万年筆,後編各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.