アボカドは1個30円も高く…輸入食材が軒並み値上げでメキシコ料理店から悲鳴「円安,原油高,ロシアで…」

東海テレビ
05.10(火)21:41
 本場の食材を輸入して仕入れているメキシコ料理店が、原油高や円安などで大きな影響を受け、悲鳴をあげています。

 クリスピーチキンに野菜とサルサソースを添えた看板メニューのタコスに、アボカドを丸ごとひとつ使ったワカモレ。

 名古屋市中区のメキシコ料理店「ホットスパイスムーチョチキン」。メキシコ料理店が今、苦境に立たされています。

ホットスパイスムーチョチキンの店長:
「4月で(アボカド1つあたり)30円くらい上がったんです」

 店長を悩ますのは、アボカドの高騰です。

 名古屋市中央卸売市場によりますと、アボカドの卸値はウクライナ侵攻前の今年1月には1キロ当たり501円でしたが、4月は653円と30%以上値上がりしました。このお店の仕入れも1個30円も高くなりました。

 さらに、メキシコ料理に欠かせないタコスは、原材料の小麦も3月ごろから徐々に値上がりし、1キロあたり50円高くなったといいます。ほかにも食用油が2000円ほど値上がりしました。

 店長が仕入状況をまとめたリストは、ほとんどが「値上げ」を意味する赤で示されています。

店長:
「アボカドとかポテト、タコスの生地に使う粉ものは、ここ1〜2か月でぐっと上がった印象です。円安、原油高騰、ロシアに輸入を頼っていた部分が多いと聞く」

 ウクライナ情勢を受けた原材料費の高騰に加え、原油高による輸送費の高騰。そこに追い討ちをかけたのが円安です。

 店では国内産の鶏肉以外、アボカド・ライム・テキーラなどほとんどを輸入に頼っています。対策として、事前に値上げの連絡があった油や小麦を、少しでも安いうちにと1か月分購入していました。

 さらにアルバイトの従業員の勤務時間を1時間減らすなど、人件費も削って店を切り盛りしています。

店長:
「大変ですし、ちょっとしんどいし勘弁してほしいですけど、悩むくらいならあの手この手で工夫して乗り切っていくしかない」
Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©中京テレビ|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©2011 GONZO/ファムパートナーズ|©えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」|© CAPCOM/TEAM BASARA|©「ムッシュ!」製作委員会|©「超絶☆絶叫ランド」製作委員会|©2006 松本零士/銀河鉄道物語プロジェクト|©SANYO BUSSAN CO.,LTD./うみものがたり製作委員会|©多田かおる/ イタキス製作委員会|(C)安藤正基・一迅社/愛知県立田金高校|©講談社・フリュー・テレビ愛知/ぴちぴちピッチ製作委員会|©テレビ愛知・フリュー/徹之進製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
  • JASRAC許諾番号

    第9008707021Y45037号

    第9008707022Y45038号

  • NexTone許諾番号

    ID000007318

    ID000007452

©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.