コロナ響く 名古屋市内百貨店、11月売り上げ軒並み前年比減

中京テレビ
2020.12.01(火)18:50

 新型コロナウイルス第3波の影響で、名古屋市内百貨店の11月の売り上げは、軒並み前年を下回りました。

 ジェイアール名古屋タカシマヤの11月の売上高は、前年の同時期に比べ11.1パーセント減少の122億4500万円でした。

 松坂屋名古屋店は、8.3パーセント減少の87億4600万円。ラシックを含む名古屋三越栄店は、10.3%減少の53億6500万円。名鉄百貨店本店は、27.5%減少の26億8400万円となりました。

 各店とも愛知県内の新型コロナウイルス感染者数の増加で、来店客が大きく減少したのが響きました。

Locipo(ロキポ)
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|@東海テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|大須押忍押忍推すし,大須,レポーター,テレビ愛知,コスプレーヤー各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.