老朽化で不使用の病棟を改修…名古屋・東部医療センターにコロナ感染者専用病床 今年度中に運用開始へ

東海テレビ
2020.11.27(金)17:19
 名古屋市は千種区の東部医療センターに新型コロナウイルス感染者の専用病床を設けます。

 千種区の東部医療センターには、老朽化のため今年から病棟としての使用を取りやめている「旧東病棟」があります。

 名古屋市は27日の市議会で、元々感染症病床があった「旧東病棟」を改修し、今年度中に新型コロナの感染者を20人程度受け入れる専用病床として運用を始める方針を示しました。

 名市大病院が医師ら医療スタッフを派遣するということです。

 現在、新型コロナの感染者を受け入れる病床は名古屋市におよそ300床あるとされてますが、スタッフが足りないなどの理由から実際に機能しているのはその半分程度となっています。
Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©中京テレビ|©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|Ⓒ中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©フジテレビジョン|©VANGUARD overDress Character Design ©2021 CLAMP・ST各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.