作ってみたら完成まで1時間39分11秒…カップヌードルの『プラモデル』 49回目の発売日記念で登場

東海テレビ
09.18(金)12:01
 新型コロナで外食を控え家にいることが多い中で、需要が増えているのが「即席めん」。

 カップヌードルなどを製造・販売している日清食品グループは、今年4月から6月までの純利益が前の年に比べ2.1倍、120億円に増えたんだそうですました。

 そんな中、18日、玩具メーカーとコラボした「3分でできないカップヌードル」が発売されました。

 今や国民食ともいえるカップヌードルですが、作り始めて完成までにかかった時間は、1時間39分11秒…。2時間近くかかったカップヌードル、正体は『プラモデル』です。

 日清食品がバンダイスピリッツとコラボして発売した、原寸大のカップヌードルのプラモデル。

 ロゴのデザインからディテールまで、本物のカップヌードルそっくりです。カップの中も、お肉やエビ、麺まで細かく再現されています。

 なぜこのプラモデルをつくったのか聞いてみると…。

日清食品の担当者:
「9月18日が49回目の発売記念日になりますので、バースデーの記念としてこの製品を発売しようと。こだわりだらけなんですけれども、3Dプリンターで麺の細部まで再現するだとか」

 バンダイスピリッツと研究を重ね、約1年かけて作ったそうです。ちなみにお値段は2420円。食べる方よりかなりお値段がかかりますが、公式サイトでの通信販売は売り切れ間近とのこと。家電量販店のプラモデル売り場でも販売しているということです。
Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.