カマスの季節到来、熊野灘で刺し網漁さかん 三重・紀北町

中京テレビ
07.01(水)02:40

 三重県南部の熊野灘沿岸で、カマス漁が最盛期を迎えています。

 紀北町の鵜殿漁港では、夏の産卵期に向けて浅瀬にやってくるカマスを狙い、漁をしています。

 カマスは塩焼きや刺し身など様々に調理され、体長は大きいもので約50センチにもなります。

 午前2時ごろ港を出た漁船は150メートルほどの沖合に着くと、海中に入れた約500メートルの網を巻き上げる「刺し網漁」で、次々とカマスを船に引き上げていました。

 熊野灘のカマス漁は今月中ごろまで行われるといいます。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.