高校生棋士・藤井七段が「中年の星」に挑戦 2つ目のタイトル戦「王位戦」第一局が地元・愛知で開始

東海テレビ
07.01(水)02:41

 将棋の藤井聡太七段が棋聖戦に続き、2つ目のタイトルに挑戦する「王位戦」七番勝負の第一局が、藤井七段の地元・愛知県で始まりました。

 水色の羽織に白の和服で対局に臨んだ、愛知県瀬戸市出身の高校生棋士・藤井聡太七段(17)。相手は去年46歳の最年長記録で初タイトルを獲得し、「中年の星」と呼ばれる木村一基王位(47)です。

先手の藤井七段はいつもようにお茶を一口飲んでから一手目をさしました。

 また、会場となった愛知県豊橋市ではパブリックビューイングがおこなわれ、タイトル戦の行方を見守っています。

男性ファン:
「藤井さんはすごく若くて力もあって、いい将棋を指すもんですから、大変楽しみに見に来ました」

別の男性ファン:
「ストレートで4勝!そううまくはいかんだろうけどね」

「王位戦」の持ち時間はそれぞれ8時間で、対局は2日間に渡って行われ、1日は夕方に封じ手をして2日の夜までには決着する見込みです。

※画像提供:日本将棋連盟

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.