コロナ禍で…市営地下鉄の利用者客が4割減少 市バスも3割減少 名古屋市

CBCテレビ
09.16(水)08:37

 新型コロナウイルスの影響で、名古屋市営地下鉄を利用する人が、およそ4割減少していることが分かりました。

 「午後1時の地下鉄東山線栄駅です。利用者の多い東山線ですが、電車の中は、人が少ないです」(記者リポート)

 新型コロナウイルス感染拡大で、外出自粛が要請されたことし4月から7月、地下鉄の乗客は、去年の同じ時期に比べて38パーセント少ない、およそ48万人でした。

 「テストの時以外はオンライン授業に。人は減っているかなと思います」

 「リモートの会議が増えたので外に行かなくても良くなった。マナカの利用料金が減って助かってます」(乗客)

 一方、市バスの乗客も、1日平均でおよそ8万人と、去年と比べて32パーセント減少。

 乗車料収入は、あわせて106億円の減収となりました。

 これにより、運行本数が減ったり、運賃が上がったりする可能性について、16日の名古屋市議会本会議で交通局長は、「利用実態調査を行う」と述べるにとどめ、企業債の発行などを検討する方針を明らかにしました。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©たてかよこ/MMDGP|©東海テレビ|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.