愛知県が名古屋市内の繁華街の飲食店に休業や時短を要請

CBCテレビ
08.01(土)08:52

 新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、愛知県の大村知事は、名古屋市内の繁華街の飲食店などに2日、休業や営業時間の短縮を要請することを明らかにしました。

 対象となるのは、新型コロナウイルスのクラスターが発生している中区の栄・錦地区の接待を伴う飲食店や酒を提供するカラオケ店などです。

 期間は、8月5日から24日まで、県のガイドラインを守っている店舗には午後8時までの営業時間短縮を、守っていない店舗には、休業を2日に要請します。要請に応じた事業者には、「1日1万円」、最大20万円の協力金を支給します。

 また、1日はこれまでに愛知県で181人、岐阜県で12人、三重県で11人の感染が確認されました。

 一方、愛知県は民間のホテル「東横INN名古屋名駅南」を借り上げ、新たな軽症者受け入れ施設として開所する方針です。このホテルはおよそ800室と県内最大規模の受け入れ施設になり、県は2日、住民説明会を開いた上で、8月6日か7日の開所を目指しています。

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.