「危険なバス停」三重県内に88か所 “バス停より後に横断歩道を設置”複雑な事情も

中京テレビ
2020.11.10(火)19:30

 止まったバスが、横断歩道をふさいでしまう―

 いわゆる「危険なバス停」が三重県内に88か所もあることがわかりました。

 

 実際に「危険なバス停」に認定された、津市のバス停を訪ねてみると…到着したバスが停止線を越え、横断歩道をふさいでしまっています。

 

  鳥羽市では、本来のバス停の位置よりずいぶん手前に停車する光景も。横断歩道をふさがないための安全対策として、離れた場所に止まったとみられています。


 国土交通省は10月、三重県を含む6県でいわゆる「危険なバス停」の調査結果を初めて公表しました。その結果、三重県内では88か所もの「危険なバス停」があることがわかったのです。

 

 なぜ、「危険なバス停」がこれほど多くあるのでしょうか。調査を行った運輸局に話を聞くと――

「バス停を設置した後に横断歩道ができたという経緯が中にはあるかと思います。バス停というのは、住民の利便性を考慮したうえで設置しているものもあるので、なかなか簡単に廃止にできない事情もある」(国土交通省 三重運輸支局 鈴木博行さん)

 大きな事故につながる恐れがある「危険なバス停」。運輸局では今後、バス停の位置を変更するなどの対応策を検討するとしています。

Locipo(ロキポ)
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会|©2020東京ガンボ|Ⓒ中京テレビ|@東海テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|中京テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.