バスケットボール 福王伶奈 夢はバスケと小説家の二刀流【アスリートの本音】

アスリートの本音

CBCテレビ
08.05(金)18:00放送2030.01.01(火)00:00配信終了

8本の動画

  • 再生中

    バスケットボール 福王伶奈 夢はバスケと小説家の二刀流【アスリートの本音】

    東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」 今回は愛知県・桜花学園高校バスケットボール部に所属する福王伶奈(ふくおう・れいな) 選手を紹介。 身長192㎝の長身を誇る福王選手のポジションは「センター」 今年、高校生では唯一日本代表トップチームの候補に選ばれた将来を有望視された逸材。 将来、五輪はもちろん、国内外で活躍する選手を目指している福王選手の趣味は「小説を読んだり、書いたりすること」 遠征の際には、必ず二冊(日本史に関する小説とミステリー小説)をバッグの中にしのばせ、読むだけでなく自身で小説を執筆。寝る前にベットの中でこっそり書いている。 読んでもらったり、賞に応募したりという事は「もっといいのができたらそのうち」考えているようで、「二足のわらじで、二足ともきれいなわらじを履いて頑張りたい」とバスケと小説家の二刀流を目指している。 日本代表トップチームに参加した時の想い、目標とする選手、バスケを始めた時の話などたっぷり語ってくれました。 (取材 2022年6月) ●プロフィール 福王伶奈(ふくおう・れいな)2005年8月11日生まれ 愛知県名古屋市出身  共にバスケットボール経験者の両親の勧めで小学校1年の時に バスケットボール(ミニバスケ)を始める 中学3年の時に全国大会優勝 桜花学園では1年生からベンチ入り、 2021年インターハイ、ウインターカップの二冠に貢献。 2022年5月 日本代表候補に高校生では唯一選出 2022年6月 16歳以下の日本代表に選ばれ、U16アジア選手権 準優勝に貢献

    08.05(金)18:00放送

  • 【アスリートの本音】林龍之介 「スポーツに障害は関係ない」たった一人の高校野球部員が公式戦へ

    東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」 今回は高校野球で公式戦出場を目指した高校生たちの話です。 野球が好きで野球部に入れば、誰もが公式戦に出られるわけではありません。部員数が足りない学校は、他校との「連合チーム」を作って参加します。また全国の特別支援学校では、「障害のある生徒に硬式野球は難しいだろう」と野球部がない学校がほとんどです。 彼らはどれだけ野球が好きでも、自分達の力だけでは試合にも出られません。「五校で連合チームを組み」「特別支援学校で野球部を作って参加」と、いずれも愛知県では初めてのケースになった高校球児たちをご紹介します。 ●プロフィール 林龍之介 愛知県豊橋市出身  幼い頃から知的障害があり、高校から豊川特別支援学校に通う。野球が大好きで、ドラゴンズと高校野球のファン。高校2年の時に、特別支援学校に通う生徒へ公式戦出場の道を開く「甲子園夢プロジェクト」に参加して、本格的に野球を始めた。その後自ら学校に「野球部を作ってください」と申し出た。熱意をくみ取った豊川特別支援学校と愛知県高野連など、周囲の尽力によって硬式野球部設立が認められた。2022年7月、全国でも珍しい特別支援学校の野球部員として、第104回高校野球選手権愛知大会に出場を果たす。 (取材は2022年1月~7月)

    07.29(金)18:00放送

  • 女子競歩 園田世玲奈 徒歩10分は競歩選手だと何分?【アスリートの本音】

    東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」 今回は三重県桑名市のNTNに所属する、女子競歩35キロ世界陸上代表の園田世玲奈(せれな)選手です。 競歩は「陸上競技の中で唯一走ってはいけない」競技。しかし歩いている速度が尋常じゃない!女子でもマラソンの距離を3時間15分前後で歩き切ります。 不動産広告で「駅から徒歩10分」と言われたら、競歩選手はどう思うのか? 35キロ競歩のレースが終わると、体重が何キロくらい減るのか? あまり知られていない競歩の世界に触れてみて下さい! 園田世玲奈(せれな)1996年9月10日生まれ 滋賀県大津市出身  中学で陸上競技を始めた時は長距離選手。 高校は滋賀県の草津東高校へ進学。1年生の時にケガで復帰まで長引いたことがきっかけで、恩師から競歩への転向を勧められる。 中京大学4年の時に出場した、日本女子競歩初の50キロレースで優勝。その後度重なるケガに苦しむも、三重県桑名市のNTNに所属後も競歩を続ける。2022年3月全日本競歩能美大会 20キロで優勝。1ヶ月後の2022年4月日本選手権35キロ競歩を圧勝して、世界陸上オレゴン大会の代表の座をつかんだ。(取材は2022年5月)

    07.15(金)18:00放送

  • 女子相撲 今日和(こん ひより) 愛する相撲をオリンピックに【アスリートの本音】

    東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」 今回は日本女子相撲の第一人者・今日和(こん・ひより)選手です。 ジュニアの頃から世界を股にかけ活躍し、現在は刈谷市のアイシンで働きながら練習に取り組んでいます。そんな今選手には大きな夢が…。それは“相撲をオリンピック競技”にすること。 将来の目標が立てづらく土俵を去っていく選手が多い女子相撲。その環境を変えていくために、相撲のオリンピック競技化を目指し活動しています。今選手の相撲に対する思い、ぜひご覧ください! ●プロフィール 今日和(こん・ひより)1997年8月21日生まれ 相撲王国の青森で生まれ育ち、兄の影響を受け小学1年から相撲を始める。 高校生の時に世界ジュニア選手権を連覇。立命館大学時代には、今選手が主演の 短編ドキュメンタリー映画が海外で反響を呼び、イギリスBBCから「今年の100人の女性」に選出された。また国際相撲連盟の選手委員に就任するなど、活動の幅を広げてきた。 2020年アイシンに入社し、正社員として働く傍ら稽古に打ち込む。相撲のオリンピック競技化を目指す。

    07.08(金)18:00放送

  • スケートボード佐々木音憧(とあ)“世界の舞台”へ 「日本人では唯一のスゴ技を解説!」【アスリートの本音】

    東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」 今回は三重県四日市市出身、スケートボードの佐々木音憧(とあ)選手です。小学校5年生の時にプロ資格を取得した、押しも押されもせぬ“プロスケーター” 2022年5月に行われた日本オープンで見事優勝し、同年の強化指定ランキング2位になりました。ちなみにランキング1位は、3歳年上の兄・佐々木来夢(らいむ)選手です。 2022年から世界の舞台へ本格参戦する音憧選手は、「日本人で、あまりやっているのを見たことがない」大技 <フリップバックサイド・ノーズブラント> に挑戦中です。 どんな技なのか、じっくりご覧ください! ●プロフィール 佐々木音憧(とあ)2007年2月28日生まれ  音楽好きの父・直人さんが「音憧」と名づけた。 兄の影響で4歳からスケートボードを始める。小学校に上がる前には<フリップ>(ジャンプしながらボードを回す) と<トラック(車輪とボードをつなぐ金属)に乗る> 技をマスターしていた。 小学5年生の時に「全日本アマチュア選手権」を制してプロ資格を取得。 中学3年生で、オーストリアで行われた「ワールドルーキーツアーファイナル2022」で優勝。 2022年には日本の強化指定ランキング2位に格付けされ、世界の第一線に本格参戦する。

    06.30(木)18:00放送

  • レスリング 志土地真優 2人3脚でパリ五輪に…【アスリートの本音】

    東海地方ゆかりのアスリートの本音を探る『アスリートの本音』 今回は三重県四日市市出身、女子レスリングの志土地(旧姓向田)真優選手。 東京五輪 レスリング女子53キロ級に初出場して金メダルを獲得。 オリンピック後には志土地翔大コーチと結婚して 向田から志土地に名字が変わり、2人3脚でパリ五輪での「志土地でも金!」を目指している。 結婚して変わったことは? 2人3脚で挑むことについて・・・ 新しく取り入れたトレーニングについてや学業・競技・主婦の 3足のわらじの苦労などをじっくり話してくれました。 (2022年6月 東京で収録) 【プロフィール】 1992年6月22日 三重県四日市市出身 ジェイテクト所属 5歳の時にレスリングを始める。 中学時代にはJOCエリートアカデミーに推薦されてさらに腕を磨き、 世界ジュニアや世界選手権などで金メダルを獲得するまでに成長。 東京2020ではオリンピック初出場で金メダルを手にした。

    06.17(金)19:00放送

  • 富永啓生 日本バスケ界の救世主!NBAに最も近い大学生の本音に迫る!

    東海地方ゆかりのアスリートの本音を探る『アスリートの本音』 今回はバスケットボールの富永啓生選手。 東京五輪では3人制バスケ「3X3」に出場し、驚異的なロングシュートの精度を武器に得点を量産。チーム最多となる8試合55得点を記録し、決勝トーナメント進出へと導いた日本が誇る怪物シューター。 そんな日本バスケ界の次世代エースが所属するアメリカ・ネブラスカ大学での生活は? アメリカ大学バスケの中でも屈指のレベルを誇るリーグBIG10カンファレンスで感じたこととは? 「自分の中の全てが変わった場所」と話す母校・桜丘高校で語った将来の夢。 そして2024パリオリンピックでの5人制への挑戦について。 富永選手の地元、愛知県名古屋市の自宅と慣れ親しんだ母校で自らの本音を話してくれました。 (2022年5月21、22日収録) 【プロフィール】 2001年2月1日 愛知県名古屋市出身 ネブラスカ大学所属 身長188cm ポジションPG 元バスケットボール日本代表の父と実業団選手だった母を両親に持ち、幼少期からバスケットボールを始める。 桜丘高校3年時の冬の全国大会ウインターカップでは平均39.8得点をマークし大会得点王に輝く。 アメリカの短大レンジャーカレッジに進学し、1年目ではリーグ新人王を獲得。 東京オリンピックでは3人制バスケ「3X3」に出場。 チーム最多の8試合55得点をマークし日本を決勝トーナメントに導く。 現在はアメリカの4年制大学ネブラスカ大学に所属。 【質問】 ・東京オリンピックはどんな大会でしたか? ・今住んでいるリンカーンはどうですか? ・ネブラスカ大学の練習は厳しい? ・アメリカの大学リーグで感じたことは? ・アメリカに行って感じたことは? ・休日の過ごし方は? ・帰国してから料理をしているそうですが? ・1年ぶりの母校はどうですか? ・桜丘高校は自分にとってどんな場所? ・5人制への挑戦について ・将来の夢は?

    06.13(月)18:00放送

  • 【東京2020アーチェリー男子団体銅メダリスト 武藤弘樹】アーチェリーを通して伝えたいこと

    東京2020アーチェリー男子団体で銅メダルを獲得した武藤弘樹選手。 オリンピック後は「アーチェリー競技の普及委員長」として、全国を飛び回る生活が続いているそうです。 自らを「努力家」と分析する武藤選手。 今回は「大事にしている言葉」や趣味で始めたカメラのこと、そして次のオリンピックにかける思いを語ってくれました。 アスリートというよりも「ヤングエグゼクティブ」のような武藤選手の語り口を、お楽しみ下さい。 【プロフィール】 1997年 6月26日 愛知県あま市出身 東海中学1年の時にアーチェリーと出会い、高校3年時にナショナルチーム入り。 慶応大学に進学後も競技を続け、東京2020アーチェリー男子団体銅メダル獲得。 トヨタ自動車所属

    05.23(月)18:00放送

Locipo(ロキポ) 無料テレビ動画・見逃しネット配信サービス
無料Locipo アプリ

スマホアプリで
Locipoを楽しもう! ▶

ウェブにはない機能がいっぱい!

App Store QR codeGoogle QR code
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©中京テレビ|©東海テレビ|© Project Vanguard if/Aichi Television|© CBC TELEVISION CO.,LTD. 🄫中日ドラゴンズ 一般社団法人日本野球機構承認 🄫Konami Digital Entertainment|©2011 GONZO/ファムパートナーズ|©えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」|© CAPCOM/TEAM BASARA|©「ムッシュ!」製作委員会|©「超絶☆絶叫ランド」製作委員会|©2006 松本零士/銀河鉄道物語プロジェクト|©SANYO BUSSAN CO.,LTD./うみものがたり製作委員会|©多田かおる/ イタキス製作委員会|(C)安藤正基・一迅社/愛知県立田金高校|©講談社・フリュー・テレビ愛知/ぴちぴちピッチ製作委員会|©テレビ愛知・フリュー/徹之進製作委員会|クルマとミライ,コロナ,トヨタ車体,飛沫循環抑制者|©日暮キノコ・講談社 ©東海テレビ/共同テレビ各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
  • JASRAC許諾番号

    第9008707021Y45037号

    第9008707022Y45038号

  • NexTone許諾番号

    ID000007318

    ID000007452

©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.