ライブの締めくくりをThe Shiawaseのメンバーに託したのは正解だった?BMJ KEEP ON ROCKIN’4

名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

2020年9月18日配信の『BMJ KEEP ON ROCKIN’@NAGOYA未公開4 ~The Shiawaseに任せたのは私たちの間違いでした~』では、BMJ KEEP ON ROCKIN’@NAGOYAのライブのエンディングの様子を公開しています。

(この映像は、9月4日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

いよいよBMJ KEEP ON ROCKIN’@NAGOYAのエンディングです。
MCの3人は、一番早くから入り一番遅くまで残ってくれている「The Shiawase」にビシッと締めくくってもらうことにしました。


「どうでしょう?」(田村くん)
「全然やらしていただきやす」(仲井さん)

「合わせればいいんですね、皆さんに」と吉原くんがメンバーに任せます。
田村くんも「いい感じでお願いしますね」と託し、「The Shiawase」の演奏がスタートします。


ライブのシメは定番となっている「ドラムに合わせてみんなでジャンプ」で締めたかったのですが…

演奏が始まると、仲井さんはギターに酔いしれどんどんカメラ前へ。
いい感じの所でジャンプをしたいのですが、なかなか終わる気配がありません。

しばらくして、ギターの仲井さんが自分にツッコむようにと合図をし、ようやく田村くんが演奏を止めに入りました。


「ちょっとちょっと、ストップストップ、待ってよ、長~いよ」(田村くん)

「締めといえば恒例のジャンプ」という認識だった吉原くんは「そういう文化あるのかな?」とツッコめずにいました。
そして田村くんも「止めづらかったし、長いし、分からんし」と戸惑っていたようです。

仲井さんはカメラに向かって「このジメっとした時期に皆に笑顔になって欲しいんですよ、僕は。決して、僕はもう皆が、笑顔になってくれたら、どうなったっていい」と、しどろもどろにコメントします。

「ちょっと日本語がおかしいんですけども」(吉原くん)
「そしたらちゃんとしてみて下さい」(田村くん)
仲井さんに2人がかりでツッコみます。


The Shiawaseにお任せしたのは本当に正しかったのでしょうか?

ボイメンジャパネスク

名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信! 誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

LOCIPO でみる!