<信長編>ミサゴの狩り

イケメン武将のいきものバンザイ

テレビ愛知
05.18(月)15:00放送12.31(木)15:00配信終了

20本の動画

  • <秀吉編>干潟のカニ

    ヤマトオサガニは甲長約4センチ。遠くを見ることができる長い目が特長。チゴガニの集団ダンスはオス同士の対抗意識の表れといわれている。コメツキガニの作る砂だんごは直径2~3ミリ、大きいものは1センチになることもある。

    06.29(月)15:00放送

  • <信長編>冬の渡り鳥

    ミコアイサは冬の渡り鳥。全体が白く、目の回りが黒いため別名「パンダガモ」と呼ばれバードウォッチャーの人気者。体長は40センチほどで池や緩やかな川に生息し、潜水して小魚を捕る。

    06.22(月)15:00放送

  • <信長編>オオシオカラトンボの産卵

    オオシオカラトンボは平地から低山地の池や湿地に生息する。体長は5~6センチ。全体が青色で複眼と羽の基部は黒褐色。5月下旬から発生し11月ごろまで見られる。産卵の時はメスを守るためオスが警戒行動をとる。

    06.15(月)15:00放送

  • <信長編>ツマムラサキマダラ

    ツマムラサキマダラは羽の先端が青紫色の美しいチョウ。羽を広げると10センチほどの中型のチョウ。台湾が生息地だったが迷い蝶として八重山諸島で見られるようになり、現在は沖縄本島、奄美諸島で継続的に発生している。

    06.08(月)15:00放送

  • ワンと鳴くカエル

    犬のような鳴き声の奇妙なカエルがいる。2014年に新種とし学会で発表された。鳴くのはある季節だけ、「ワン」と鳴いたり「キャン」と鳴いたりする。なんとも不思議なカエルの正体とは?!

    06.01(月)15:00放送

  • <信長編>南国のチョウ

    年間を通して温暖な南西諸島は多くのチョウが見られる。淡いブルーの羽のリュウキュウアサギマダラ、羽の先端が青紫色のツマムラサキ、幾何学模様のイシガケチョウは特に美しい。日本最大級のチョウ、オオゴマダラの羽ばたく姿はなんとも優雅。

    06.01(月)15:00放送

  • <信長編>カワセミ

    コバルトブルーの背が美しいカワセミは渓流の宝石と呼ばれている。最近は都市の河川でも見かけることが多くなり生息域を広げている。繁殖期は冬から春。オスが捕まえた魚をメスにプレゼントする求愛給餌が知られている。

    05.25(月)15:00放送

  • 再生中

    <信長編>ミサゴの狩り

    ミサゴは中型のタカの仲間。翼の長さは150センチから170センチ。海岸や大きな河川、池などに棲む。空中から一気に水面に飛び込み強力な足で魚を鷲づかみにする。野性の力強さを感じる貴重映像。

    05.18(月)15:00放送

  • <信長編>モズのはやにえ

    モズは小型の猛禽類で大きさはスズメほど。捕まえたバッタやカエルを木の枝に突き刺す「はやにえ」をすることで知られる。冬場に見られる現象で「餌として蓄えるため」、「縄張りを示すため」と言われているが、はっきりとした理由は判明していない。

    05.11(月)15:00放送

  • <信長編>オシドリの求愛

    オシドリは美しい羽を持つカモの仲間。本州では冬の渡り鳥として河川や池で見られるが、人影を見ただけで隠れてしまうほど臆病で警戒心が強い。オスの美しい羽は繁殖期だけで夏羽(エクリプス)はメスに似る。

    05.04(月)15:00放送

  • <信長編>ムササビ

    ムササビは広葉樹の森に生息し木の葉や花、果実を食べる。夜行性で昼間はほとんど見られない。鳴き声は「グルルッ、グルルッ」と夜の森で聞くと不気味だが、仲間同士の位置を確認するコミュニケーション方法と考えられている。

    04.27(月)15:00放送

  • <信長編>ケリの子育て

    ケリは主に東海から近畿地方に生息する野鳥。体長は36センチほど。水田の畦などに卵を産み、稲の生育に合わせるようにヒナも成長する。外敵が近づくと大きな鳴き声を発し警戒行動をとる。巣に近づくと人にも突進することがある。

    04.20(月)15:00放送

  • <信長編>アマゴの一生

    アマゴの稚魚は真冬の渓流で孵化する。カゲロウやトビゲラなどの水生昆虫を食べて成長し秋には源流部まで遡上し産卵する。アマゴの寿命は2~3年で産卵は世代をつなぐ貴重なチャンス。産卵の瞬間は見逃せない。

    04.13(月)15:00放送

  • <信長編>ギンヤンマの羽化

    ギンヤンマは低山地の池や川に生息するトンボ。体長は7センチから8センチで北海道から沖縄まで分布する。ヤゴは4月から8月に羽化し、成虫は11月ごろまで見られる。真夜中に行われるヤゴの羽化は神秘的。

    04.06(月)15:00放送

  • <信長編>トンボのヤゴ

    トンボの幼虫のヤゴは小魚や水生昆虫を食べて成長する。下唇(顎)を瞬時に伸ばし獲物を捕まえる。獲物を狙う姿はSF映画の怪物のように見える。

    03.30(月)15:00放送

  • 野生のニホンリス

    広葉樹の森を駆け巡るニホンリス。憶病で小さな物音でも逃げてしまうニホンリスを見かけることは稀。大好きなオニグルミを頬張り、「かりかり」と音を立てて食べる様子はなんとも癒される。

    03.26(木)15:00放送

  • カブトムシのバトル

    昆虫の王様カブトムシのオス同士の壮絶なバトル。勝者はメスと樹液を独り占め、負ければ木から振り落とされる。昼夜を問わず繰り返されるバトル、角と角がぶつかり合いきしむ音は凄い。

    03.26(木)15:00放送

  • ハグロトンボの産卵

    きれいな小川に生息するハグロトンボ。オスは縄張りを作りメスは待つ、メスは産卵に適した水草の多い場所を探しながら移動する。オスとメスの出会いから交尾、そして産卵まで、自然の営みをつぶさに捉えた。

    03.26(木)15:00放送

  • オオタカの子育て

    猛禽類のオオタカの子育てに密着した貴重映像。親鳥が獲物をヒナに食べさせる様子は迫力満点。野生の営みを実感できる。成長したヒナが巣立ちをする瞬間は見逃せない。

    03.26(木)15:00放送

  • ヒヨドリの子育て

    野鳥のヒヨドリが住宅の庭木に営巣。孵化から2週間の子育てに密着。食欲旺盛なヒナのために親鳥は餌探しに大忙し、献身的な姿は感動もの。巣立ったばかりの若鳥の愛らしい姿は一見の価値あり!!

    03.26(木)15:00放送

Locipo(ロキポ)
  • 東海テレビ
  • 中京テレビ
  • CBCテレビ
  • テレビ愛知
©中京テレビ|© CBC TELEVISION CO.,LTD. |©「かよチュー」実行委員会|©テレビ愛知|©東海テレビ|©たてかよこ/MMDGP|©STUDY 優作/MMDGP|©Project Vanguard2019/Aichi Television|© Project Vanguard if/Aichi Television|©ニャンだ?フルアイランド製作委員会各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。
©東海テレビ, 中京テレビ, CBCテレビ, テレビ愛知 2020 All Rights Reserved.