お客さんの7割が注文!伊勢のソウルフード「カツドライカレー」!三重県伊勢市でなりゆきグルメ旅『なりゆきアフロ』

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、東海地方の市町村を巡り、出会った人に聞いた「町の美味しいもの」をその場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”。今回は、三重県伊勢市を旅します。

Locipoで『なりゆきアフロ』の動画を見る

伊勢市では知らない人がいない?常連さんが通い詰める、老舗のカツドライカレー


商店街でリサーチ。地元の保険会社にお勤めという女性2人組に「伊勢市でいちばん美味しいもの」を聞いてみます。答えは、『まんぷく食堂』のリーズナブルな“からあげ丼”。「昔からある、伊勢のソウルフード見たいな感じ。大きくなってからも行っています。子どもを連れて行ったり。」地元の味に、期待が膨らみます!

ところが、お店に到着するとシャッターが下りています。この日は木曜日でお休みでした…。ショック…。お店を教えてくれたお姉さんに電話でヘルプを求めると、お勤め先に伺う、というまさかの展開に!それでは、先ほどのお姉さん・Sさんと、代表マネージャーのKさんに改めて聞いてみます。

「伊勢市で一番美味しいものは?」答えは『キッチン クック』の“カツカレー”。『まんぷく食堂』のからあげ丼と並び、伊勢市民なら誰でも知っているソウルフードのひとつなんだとか。


お店を見つけると、早くもカレーのいい香りが。普段なら取材は一切受けないそうですが、今回は特別にOKをもらいました!ご主人曰く、「直接来られたら、よう断らん」とのことで、直接交渉が功を奏したパターンでした。


『キッチン クック』は、職人肌の親子が営んでいる洋食店。メニューは色々ありますが、伊勢のソウルフードと言われているのが『カツドライカレー(900円)』。

激選した2種類のスパイスで作ったドライカレーに、生パン粉を使った熱々のトンカツを乗せ、そこに、3日かけて作る自家製のカレールウを別添えしたもの。数十年間、常連さんのみが知る“裏メニュー”だったそうですが、今や伊勢市民が愛してやまないソウルフードに。


では、カレールウをたっぷりかけて、いただきます。「うまっ!ドライカレーのライスが複雑な味。スパイスがめちゃくちゃ効いてる!!」スパイシーでコクと深みが続く、一度食べたら忘れられない味です。なんと注文するお客さんの7割がこのメニューを頼むのだとか。

カウンターに座っているお客さんも、高校生だった35年ほど前から来ているそうです。「すごい常連さんなんですね」という副島くんに、「いや、まだまだ」と答えます。ご主人もお客さんも、ほっこり温かなお店でした!

(12月10日(金)「チャント!」より)

オリジナルサイトで読む

なりゆきアフロ~どこに行けばいいですか?~

アフロヘアーがトレードマークの副島くん。出会った人に「この街のおいしいもの教えてください」と聞き、その場所へ行って頂く、なりゆきぶっつけグルメ旅!東海地方125市町村を巡ります。

動画を見る!