男を少年へと変える魔法の場所!休日ガレージでの極上の過ごし方とは?

車やプラモデル、カメラなど、趣味の世界を楽しむ大人たちに密着してその魅力を調査する『極上ライフ おとなの秘密基地』。2016年~2018年までテレビ愛知で放送され、現在はLocipoでアーカイブを見ることができる。今回は、ガレージライフに魅せられた、生田浩徳さんの休日の過ごし方に密着した。


週に一度愛車を確認をする生田さん。車の調子の良し悪しは、自分の耳で判断する。エンジンの調整に使う工具は、もちろんアメリカ製のスナップオン(Snap-on)。さらに1930年式のフォード・モデルAについてくる純正工具も持っており、匂いをかいでしまうほどの愛情があるのだそう。


車の調整を終え、野太いエンジンを響かせて走るフォード・モデルA。そしてメガネと帽子を装着した生田さん。クラシカルなその姿は、まるで映画のワンシーンを見ているようだ。


お気に入りのコースを走り、目的地へ到着。愛車に寄りかかりながらぼーっと海を見てると、全てを忘れることができる。そしてエネルギー補給をする。日常を忘れて一人の時間を満喫するのが、ガレージライフの魅力だ。


愛車とのドライブを終えた頃には日が暮れ、ガレージの雰囲気が一変。暖色の灯がガレージにともり、昼間と一味違う、夜のまったりとした大人の雰囲気となった。ビールを飲みながら、そこ置いてある車を眺めるのが至福の時だそう。


最後に、生田さんにとってのガレージとはどんな場所?という問いに対し、自分のおもちゃ箱ではないかと語ってくれた。休日のガレージ、そこは男を少年へと変える魔法の場所かもしれない。

極上ライフおとなの秘密基地

趣味を通して人生の喜びを追求する、大人のための「知的好奇心」探求番組。

動画を見る!