高級バニラビーンズと下呂牛乳を使った懐かしレトロプリン!岐阜県下呂市でなりゆきグルメ旅『なりゆきアフロ』

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、東海地方の市町村を巡り、出会った人に聞いた「町の美味しいもの」をその場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”。今回は、岐阜県下呂市を旅します。

Locipoで『なりゆきアフロ』の動画を見る

写真映えもバッチリ!高級素材を惜しげもなく使うレトロプリン

東海地方屈指の温泉郷、岐阜県下呂市。温泉街を歩いて情報収集していると、地元で90年以上続く薬局の娘さんに、下呂市でいちばん美味しいものを聞きました。教えてくれたのは、『下呂プリン』の昔懐かしいレトロプリン。薬局のすぐ近くに3年前にできた『下呂プリン』には色々と種類があって、“地元の人が作っているプリン”という感じがして好きなのだとか。

では早速、取材交渉へ。結果、取材OK!ありがとうございます!!


下呂温泉街初のプリン専門店『下呂プリン』の店内は、昔懐かしい銭湯のデザインになっていて新しいけれど落ち着けるレトロポップな雰囲気です。


商品は、定番のプリンから抹茶・メロンソーダなどの変わり種まで色々ありますが、最たる特長は、1kg12万円もするというマダガスカル産の天然バニラビーンズと地元の濃厚な“下呂牛乳”を惜しげもなく使っていること!


副島くんは、昔ながらのかための食感を再現した『下呂プリン レトロ(400円)』を銭湯の雰囲気がするセットの中でいただきます。蓋を取ると、バニラビーンズがしっかり。スプーンを入れると意外にかためなのに、口に入れるとシットリ…。「めちゃくちゃ美味い!一瞬で飲み込んじゃう。」思わず笑顔になっちゃいます。


お店で相手をして下さったのは、小学校6年生の男の子のママさん。息子さんはヤンチャで、ちょっと反抗期に入っている時期。その口の悪さに困っているのだそう。母親が絶妙なタイミングで言ってくる”イラッ“とする言葉にわずらわしい思いを経験した副島くん、

「わかるわかる!」と相槌を打ちますが、「結局、男の子は“オカン大好き”なんで大丈夫。この下呂プリンのように堅く育てるのも大事かもしれないですよ!」と太鼓判を押すのでした。

(11月19日(金)「チャント!」より)

オリジナルサイトで読む

なりゆきアフロ~どこに行けばいいですか?~

アフロヘアーがトレードマークの副島くん。出会った人に「この街のおいしいもの教えてください」と聞き、その場所へ行って頂く、なりゆきぶっつけグルメ旅!東海地方125市町村を巡ります。

動画を見る!