衝撃のウマさ「炭火焼 鮎らーめん」&入手困難な絶品チーズテリーヌ!なりゆきグルメ特別編『なりゆきアフロ』

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組『チャント!』。

アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、東海地方の125市町村を巡り、出会った人に聞いた「町の美味しいもの」をその場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”。


時折、副島くんを待ち受ける「なりゆき旅」ならではの試練。それは「定休日」だったり「完全予約制」だったり。突然のロケだからこそ、食べられなかったことが何度もあるんです...。そこで今回は特別編!これまでお邪魔した町で「食べ逃してしまったグルメ」を巡ります。テーマは、「あと一歩及ばず食べられなかった、あのグルメ」です。

『なりゆきアフロ』の動画を見る

鮎にこだわる専門店!鮎づくしラーメンと鮎の握り寿司


スタッフにアイマスクをつけられ、どこに行くのかわからない副島くん。まずやって来たのは、2019年10月に取材した「岐阜県・岐阜市」。その時は、家系ラーメンにかき氷、そして、鮎のフルコースをいただきましたが、その時どうしても食べられなかったものが。

「なんだったっけ?」と町並みを歩き出した副島くん、突如思い出したようで「うわぁ、鳥肌!」と叫びます。「思い出した!このお店の、ここの看板に書いてあった!鮎らーめん!」

ここは、長良川沿いにある『川原町泉屋』。炭火で焼く、鮎料理が楽しめるお店です。2年前にお邪魔した時は定休日で食べられず、ラーメン好きの副島くんにはとってもツライ思い出になっていたのでした。

いただくのは、カツオだしや鮎の魚醤など、こだわりの材料で作った特製のスープに、炭火で香ばしく焼いた「鮎のひらき」をトッピングした、鮎づくしの特製ラーメン『炭火焼 鮎らーめん(1,320円)』。

「これですよ、食べたかったのは。2年越しですよ!めっちゃ嬉しいっす!」まずは鮎のひらきを頭から。「最高です!パリッパリなので、おせんべい感覚でどれだけでもいけますね!」と言うと、ご主人曰く、「頭までカリカリに焼いてあるので、ラーメンに入れるとだしが出ます」とのこと。

その衝撃の美味しさに、「最高です…それ以外に言葉が見つからない。鮎の香りや香ばしさ。すごくアッサリとしただしが、めちゃくちゃ心地いいです」と唸るばかり。シャンタンスープとかつお昆布だしが基本で、そこに鮎の骨をラードで揚げた『アユ油』を入れ、天然鮎の魚醤も入れているため味に深みが出ているそう。

ちなみに8月末まではコース料理のみの提供で、らーめんのみの単品の注文は不可。「鮎らーめん」はお店のホームぺージからお取り寄せ可能です。


鮎の加工品を作るお店を経営している”鮎ひとすじ“のご主人に、コロナ禍で挑戦したことを聞いてみると、ご主人の答えは、「お寿司が作れないかと。鮎の握り寿司に挑戦しました」。そこで、『天然アユ炙り寿司(時価/2日前までに要予約)』をお願いすることに。


鮎を酢でしめて1日寝かせ、オーダーごとに炙って提供。残った骨はおせんべいにと、鮎を丸ごと楽しめる逸品です。天然の鮎が獲れる時期限定のメニューなので、必ず予約してくださいね。

この番組がきっかけで全国へ?!数ヵ月待ちの絶品チーズテリーヌ


次もアイマスクをつけたまま車で移動!着いた先でアイマスクを取り、「ここ、どこ?」と聞く副島くんに、カメラマンのTさんが「俺んち」と一言。「Tさんちで何するの??」といぶかしげな表情でお邪魔します。

スタッフに手渡された小包を開けてみると、梱包された四角いモノが。「あ!もうこれで思い出した!チーズケーキ?テリーヌ!テリーヌだ!!」実は、とっておきの「食べ逃しグルメ」が内緒で手配してあったのでした。


続いての「食べ逃しグルメ」は、『チーズテリーヌ(5,400円)』。2020年11月に放送した、三重県多気町にあるチーズテリーヌだけの専門店【KURATA】のオーナー・Hさんが送ってくれました。

高校生レストランで知られる相可高校出身のシェフ・Hさんが作るチーズテリーヌは、常に予約が数か月待ちの人気商品。ネット販売のみの完全予約制なので、残念ながら取材時には食べられなかったのです。でも大のチーズ好きのカメラマンが後日、個人的にコッソリ予約していたそうで、ご自宅にお邪魔させてもらった、というワケ。


入手困難なチーズテリーヌ、貴重なひと切れのお裾分けをいただきます!「結構、生地がしっかりしてます。おー、びっくり!スゴイ!あっさりしているけど、複雑な甘みとか、ちょっとした爽やかさだったり。そういうのが何層にも分かれて口の中に押し寄せてきますね。Tさん、本当にありがとうございます!」すると、オンラインで画面越しにオーナーのHさん登場!リモートでお話を伺います。

「この間の取材で、テレビの放映をたくさんの方が見て下さったようで、1時間で200本の予約を頂きました」(Hさん)
「え?それって『なりゆきアフロ効果』ってことですか?」(副島くん)
「はい!」(Hさん)
お客さまに迷惑がかからないようスタッフも増やして2人になったそう。さらに、番組出演をきっかけに、全国ネットの番組からも声が掛かったと嬉しい報告もありました。

では、今回のまとめの一文字を筆書きで。

その文字を『巡』とした副島くん。「この言葉につきます。町の人との巡り合わせで、たまたま教えてもらったお店に行って。自分でも、この巡りあわせの奇跡にビックリしております。この漢字がふさわしいと思いました!」

(2021年7月9日放送「チャント!」より)

オリジナルサイトで読む

なりゆきアフロ~どこに行けばいいですか?~

アフロヘアーがトレードマークの副島くん。出会った人に「この街のおいしいもの教えてください」と聞き、その場所へ行って頂く、なりゆきぶっつけグルメ旅!東海地方125市町村を巡ります。

動画を見る!