ぜひらー・石黒さんの走りが危険すぎる!?オードリー・若林「ケガには気を付けて!」『オドぜひ』

オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。

2021年12月30日放送の年末SPでは、前回に引き続きオードリー・春日軍vsティモンディ・高岸軍の対決が繰り広げられた。続いての種目「ランニングマシンから即〇〇」では、ぜひらー・石黒雄三さんの挑戦に対して、スタジオ全員で応援する思わぬ展開となった。

『オドぜひ』の動画はこちら!

Locipoで動画を見る

『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』の動画を見る

ぜひらー・石黒さんの走りに思わずストップ!

「ランニングマシンから即〇〇」は、時速11kmのランニングマシンで30秒間走った後、すぐにリコーダーの音階を吹くという勝負。


高岸軍からはTAIGAが挑戦。一方の春日軍は、若林が「雄三でいかせてください」と推薦し石黒さんが挑戦することになった。

先攻のTAIGAはアルバイトで鍛えた脚力を発揮するも、リコーダーで失敗する結果に。


後攻の石黒さんはランニングに不安を抱えながらも懸命に走り出した。

若林「ケガは気をつけて!」
春日「落ち着いて」

石黒さんの走る姿に、オードリーの2人は心配でたまらない様子。相手チームの高岸も、「しっかり持って!」と思わず声をかける。


ランニングマシンに不慣れな石黒さんの走りを見かねた若林。「一旦止めよう!」と勝負は中断されるのだった。

石黒さんの再挑戦の結果は…

危ない走りをする石黒さんが心配な若林。スピードを1段階低くして再挑戦することに。


チーム対決のはずが、スタジオ全員から石黒さんにアドバイスが飛ぶ展開に。

若林「脚上げて!」
高岸「大丈夫!いいペース!」


しかし、残り5秒のところで体力の限界を迎えてしまった石黒さん。

若林「リコーダーいける?目の前にあるよ!」


息を整えたあとリコーダーに挑戦するも、最後の音程を外しあえなく失敗。最も声援を送っていた若林は、椅子から転げ落ち「リコーダーは雄三いけると思ったんだけど…」と嘆くのだった。

『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』

【配信】
『オドぜひ』最新ダイジェストを見るなら→ Locipo(ロキポ)
過去のダイジェストなら→ YouTube

【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
【アシスタント】磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)
【出演者】高岸宏行さん(ティモンディ)、前田裕太さん(ティモンディ)、スギちゃん、TAIGAさん、寺川剛さん、石黒雄三さん、大石駿介さん

※記事の内容は放送当時のものです。

オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。

オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組。オードリー×素人のクチコミバラエティー。

動画を見る!