爆笑フットゴルフ対決!丸山・本並新婚サッカーチームvsおしゃべりゴルフチーム

サッカーとゴルフが融合した次世代スポーツ、フットゴルフをご存じですか?世界40か国以上で人気があり、オリンピック正式種目入りも期待される競技です。そして2021年秋、世界一を決めるフットゴルフワールドカップがなんと日本で開催予定!『フットゴルフジャーニー in JAPAN 2021』は、そんな話題のフットゴルフの魅力を伝える番組です。
※2021年1月28日に『FIFGフットゴルフワールドカップ日本2021』は中止が決定しました。


1月24日の放送は、チーム戦でフットゴルフ対決。元なでしこJAPANの丸山桂里奈、その夫である元日本代表ゴールキーパーの本並健治が新婚タッグを組みます。実はこの2人、2018年から同じフットゴルフチームに所属し共にプレーをしてきました。そんな仲良し夫婦に挑むのは、ゴルフ界からの刺客!?


「ゴルフ界のしゃべくりコンビ」と呼ばれるプロゴルファーのタケ小山とキューピー関が参戦。「やっつける!同じターフ(芝生)スポーツだから勝てる、相手はもうリタイアした人だぜ」と自信満々の2人ですが、サッカーに関しては初心者。そこで超強力な助っ人、フットゴルフ日本代表の小林隼人選手を招きました。フットゴルフを盛り上げるべく、様々な分野のレジェンドが夢の競演です!


対決の舞台は、今年開催予定のW杯の会場に選ばれた栃木県さくら市『セブンハンドレッドクラブ』です。3ホールのストローク対決、勝負の鍵を握る助っ人の使用は各ホール1回までというルールです。1ホール目は、世界大会仕様の超難関ホール、165yard Par4。目の前にはアリ地獄のようなOBエリアが待ち構えます。


さあ、本並からキックオフ。さすが元GKの実力を見せつけるパワーショットで、残り76yardまで飛ばしました。これには「ナイスショット」と声が飛び交います。続いてゴルフチーム、キューピー関が思いっきり蹴りますがボールはOBへ。痛恨のミスキックに、走ってボールを取りに行きます。3打目はタケ小山、残り85yardまで飛ばし相棒のミスを挽回。


「強めでええで」という本並のアドバイスに丸山が応え、残り17yardと順調な新婚チーム。食らいつきたいゴルフチーム、小林選手を投入し残り3.5mと一気に距離を詰めます。そしてバーディーチャンスの本並、狙いを定めますが右にそれてしまいます。これにはゴルフチーム「チャンス!」と小走り。「まっすぐって言ったじゃん、びっくりしたんだけど」と本並を責める丸山、夫婦喧嘩勃発です。


4打目、丸山が決めればパーだがボール1つ分ずれ、5打目で本並が無事に入れました。負けが確定したゴルフチームはその後もミスを連発し7打目でホールアウト。結果は2打差、最初のOBが響いた結果となりました。しかし、タケ小山は「風を読んだり傾斜を読んだり、ゴルフと似ている」と何かを掴んだ模様。


2ホール目は48yard Par3のショートホール。手前のバンカーを越えるためには精度の高い浮かせたボールが必要です。1打目は丸山、スピンをかけて越えようとしますがボールは空しくバンカーへ。続いてタケ小山は丸山と同じラインを狙い、なんとバンカー越えのスーパーショット!これには「オーレオレオレオレ♪」とご機嫌。


「バンカー蹴ったことない」と自信がなさそうな本並ですが、あわやチップインという見事なリカバリーを見せました。勝ちがほしいゴルフチームは助っ人を頼りますが、残り7m。そしてキューピー関が3打目で見事パーショット。その後、新婚チームは結局5打目でホールアウトでサッカー素人のゴルフチームとまさかの接戦に!


勝負を決する最終ホールは下り坂の146yard Par4。先行のゴルフチームは、飛距離の出やすいカート道を狙います。キューピー関、狙い通りうまくカート道に乗せましたが距離が出ません。対する新婚チームの丸山は右手フェアウェイからカップを目指します。対照的な2チームの戦略、成功するのははたしてどちらでしょうか?


2打目のタケ小山、最短距離を進めます。本並もまたパワフルショットで残り46yardまで詰めますが「腰がキタ」と56歳、腰を痛めてしまいます。全員心配するどころか大笑い。


ゴルフチーム3打目、完璧なコースかと思いきや残り24yardのところの木の根元でボールがストップ。この難局をどう乗り越えるのか、作戦を練る間もおしゃべりが止まりません。そして右足で右にスピンをかける難しいショットを決めるタケ小山、カップはもう目の前です。


最後は小林選手がきっちり決め、歓喜に沸くゴルフチーム。対する新婚チーム、入れれば勝ちとなる大事な4打目。本並は集中して繊細なトウキックを繰り出しますが、勝利の女神は微笑んでくれませんでした。結果、3ホール対決は引き分け。


「差をつけて勝てるかなと思っていた」と丸山、やはり勝負は何があるかわかりません。「ゴルフのマネジメントはさすが。取り入れていきたい、勉強になった」と小林選手。「そこに蹴らないといけない、技術が大事」と本並も得るものがあった様子。フットゴルフの魅力を存分に肌で感じた一行でした。

フットボールジャーニー in JAPAN 2021

番組では“プレイしてみたい!” や “競技を見てみたい!”とフットゴルフの魅力が満載 !
さらに番組ホームページでは「丸山桂里奈の妹オーディション」も開催中です。

[番組HP]https://tv-aichi.co.jp/fg2021/

Lokipoでは「丸山桂里奈の妹オーディション」エントリーメンバーの練習風景や女子会も配信しています。

※2021年1月28日に『FIFGフットゴルフワールドカップ日本2021』は中止が決定しました。

フットゴルフジャーニー in JAPAN 2021

フットゴルフ番組。番組では“プレイしてみたい!”や“競技を見てみたい!”とフットゴルフの魅力が満載です!

動画を見る!