東海限定どローカルチェーン!大垣市民溺愛の担々スープ炒飯&トロのような超レアハンバーグ『PS純金(ゴールド)』

『PS純金(ゴールド)』は高田純次、オリエンタルラジオの藤森慎吾が「やっぱり地元はオモシロイ」をテーマに東海エリアを紹介する番組です(中京テレビ毎週金曜よる7時から放送)。

2021年12月3日放送分は、「東海限定どローカルチェーン」特集!東海地方の人々が愛してやまない"ローカルチェーン店"を紹介していきます。

『PS純金(ゴールド)』の動画を見る

岐阜県大垣市『中華料理 サンコック』お腹いっぱいでも食べたくなる!?担々スープ炒飯900円

大垣市に本店を置く『中華料理 サンコック』は、岐阜県西濃地方を中心に4店舗展開するローカルチェーン。常連客からは、「大垣の味仙」「家族で来ても楽しめる店」と評判で、地域の人々に愛される存在のようです。


炒飯の上に担々スープをかけて楽しめる「担々スープ炒飯(900円)」。珍しい食べ方に、ゲストの大久保佳代子さんは、「これはローカルフードだね」と驚きの声を上げます。


鶏ガラ100%のスープを使った「塩味あん」をかけた「天津飯(600円)」も人気です。


「汁なし担々(700円)」について常連客は、「たまんないですね中毒性が」とコメント。お好みで山椒をかけるのがおすすめの食べ方なのだとか!


店に1,000回以上は来店しているという常連客の間辺力丸さんは、「昼過ぎには今日のメニューをどれにするか考えてしまう」と話します。

そんな力丸さんのおすすめは「Qまぜ(1,250円)」。Q=天津炒飯を意味しており、まぜそばとセットで楽しめます。


横浜にある麻婆豆腐の人気店に味が似ているという「麻辣麻婆(900円)」も、力丸さんイチオシの一品です。本格的な中華料理の数々に、藤森さんも「俄然、行きたくなってきたよ!」とさっそく『サンコック』に興味津々なのでした。

愛知県岡崎市『大正庵 釜春』市民に愛されるソウルフード!もろこしうどん890円

岡崎市民からの口コミで、「釜揚げうどん発祥の店」と言われている『大正庵 釜春』。愛知県三河地方に4店舗を構えています。


餅の天ぷらが入った「かちんうどん(980円)」に、大久保さんも「なかなかのボリューム!」と驚きます。


「釜揚げうどん(810円)」は店の代名詞とも言える看板メニュー。1本1m以上の長さがある超ロングうどんが特徴で、お客さんは食べるのに大苦戦しているようです。

常連客によると、うどんの容器の端を使ってうどんを切りながら食べるのがコツなのだとか。スマートな食べ方ができる人が「三河人のしるし」だそうで、それを聞いた藤森さんは「できれば打つときに切ってもらえないかな?」と笑います。


トウモロコシを卵でとじ、あんかけにした「もろこしうどん(890円)」は岡崎市民のソウルフードです。トウモロコシが約1.5本分も使われており、トウモロコシを食べる専用のレンゲも用意されています。


西尾店限定の「カレーもろこし(950円)」は、和風ダシにカレーを合わせた一品で、これには大久保さんも「絶対おいしいじゃん!」と食欲をそそられたようです。


カレーもろこしにチーズをトッピングした、「チーズカレーもろこし(1,080円)」という贅沢な食べ方も!ちなみに西尾店では、もろこしうどんに「梅干し」もトッピングされており、かつてはポップコーンやとんがりコーンが添えられていたのだとか。

「コーン✕コーン」の遊び心あふれる組み合わせに、藤森さんも「もろこしに引っ張られてる!」と笑うのでした。

愛知県豊橋市『ボンとらや 本店』“ピレ姉”大絶賛!ピレーネ食べ放題1,100円

続いて、豊橋市でソウルスイーツとして親しまれている「ピレーネ」を販売する『ボンとらや 本店』へ。

『ボンとらや』は豊橋市を中心に13店舗を構えるローカルチェーン。老若男女問わず、地元民から親しまれています。


ふんわりとしたスポンジにホイップクリームを包んだシンプルな「ピレーネ バニラ(178円)」。ほかにも「ピレーネ チョコ(199円)」や、期間限定の「モンブランピレーネ(281円)」など種類が豊富にラインアップされています。


すると、子どもの誕生日ケーキを買いに来たというお客さんが。なんと通常サイズの10倍の大きさを誇る「どでかピレーネ(3,834円)※要予約」も販売。豊橋市民の誕生日ケーキといえば「どでかピレーネ」!?


さらにイートインスペースがある『ボンとらや 豊川本店』では、ピレーネの食べ放題バイキングが行われているのだそう。

思い思いに食べ放題を満喫しているお客さんのなかに、自身を「ピレ姉」と称す2人組が。うきうきとした様子で食べ進める様子に、スタジオもほっこりとした雰囲気に。



2人のピレ姉も大満足の「ピレーネ食べ放題(1,100円)※要予約・豊川本店限定」。ピレ姉のクリスさんは、ぺろりと12個完食!『ボンとらや 豊川本店』に行けば、ピレ姉に会えるかもしれませんよ。

名古屋市名東区『ヒッコリー』まるでトロのような旨み!?ジャーマンハンバーグ1,550円

ハンバーグの店『ヒッコリー』は、愛知県に4店舗を展開するローカルチェーン店。ここでは高田さんと藤森さんも、スタジオを飛び出して来店します。


レモン風味のねぎハンバーグ(1,490円)は、丸いハンバーグの上に刻みネギがたっぷり!その量にスタジオでも歓声が上がります。

ほかにも、しょうが焼きハンバーグ(1,120円)やおろしハンバーグ(1,070円)など、ハンバーグの種類もさまざまです。


プレミアムチーズハンバーグ(1,500円)は、たっぷりのチーズをかけて楽しめます。常連客のなかには、ハンバーグの脂を吸ったチーズをごはんにのせるなど、独自の食べ方もあるようです。


ジャーマンハンバーグ(1,550円)は、お客さんから「初めて食べたとき『トロ』かと思った!」と言われるほど旨みがあるのだとか。国産黒毛和牛100%の超レアハンバーグは、厳選したミンチ肉をその日使う分だけ朝挽きしているほどこだわりの一品です。

ハンバーグを試食した藤森さんは、「食べたことないくらい、いい肉!口の温度でとろけちゃう」と食レポ。レアが苦手な人でも、焼き石でお好みの焼き加減に調整することも可能です。


ちなみに本店から歩いて3分ほどの場所にある『別館 おとなのヒッコリー』では、国産黒毛和牛サーロインステーキ(3,890円)などの、贅沢な限定メニューも楽しめます。


別館のメニューのなかでも、ビーフシチュー(1,760円)は和牛のほほ肉を10時間以上トロトロになるまで煮込んで仕上げた人気メニュー。デミグラスソースにはさまざまなスパイスが使用されています。

高田「ビーフのエキスが出てるねぇ」
藤森「トロットロよ!」

ビーフシチューのあまりのおいしさに、藤森さんも夢中で食べ続けるのでした。番組HPや配信動画では、さらに詳しいローカルチェーンの情報を紹介。ぜひ地元ならではのグルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

やっぱり地元はオモシロイ!

『PS純金(ゴールド)』

【配信】
「Locipo(ロキポ)」で2週間見逃し配信中!→ Locipo
未公開映像もチェック!→ YouTube

【番組HP】https://www.ctv.co.jp/psgold/
【出演者】高田純次、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
【ゲスト】大久保佳代子

※記事の内容は放送当時のものです。

PS純金(ゴールド)

高田純次、オリエンタルラジオの藤森慎吾が「やっぱり地元はオモシロイ」をテーマに東海エリアを紹介する番組です。

動画を見る!