昭和レトロな魅力がいっぱい!名古屋・千種区『仲田本通商店街』を歩く旅『ぐっさん家』

”ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ『ぐっさん家』(東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分~放送)

今回(2021年7月31日放送)は『ぐっさん!千種区 仲田本通商店街の旅!』。昭和初期から地元で愛される魅力いっぱいの商店街を散策しながら風情と人情にふれあいます。


『ぐっさん家』の動画を見る

『仲田本通商店街』があるのは名古屋・千種区。地下鉄東山線・今池駅と池下駅の中間にある全長およそ600mの商店街です。


老舗洋食店の絶品エビフライ&チキンソテーを堪能!『キッチンおおつか』

最初に訪ねたのは昭和47年創業の『キッチンおおつか』。2代目のご主人が腕を振るう洋食はどれもお値打ちでボリューム満点!アットホームな雰囲気で、地元で長く愛される名店です。


まずぐっさんが気になったのは店頭のショーケースに入った食品サンプル。なんと奥様がタオルで作った手作り!以前はロウでできたものを飾っていたのですが、西日で色あせてしまったそうで「オムライスから作ってみようかな」と作り始め、数が増えていったそう。手作りの温もり溢れる食品サンプルにほっこりします。



「洋食屋さんといったらやっぱりエビフライ」とぐっさんが注文したのは『エビフライ定食』(1300円)。さらに「チキンソテーも気になるんだよなー」と、単品で『チキンソテー』(650円)も追加! ボリューム満点のランチをいただきます。


まずはエビフライから。自家製のタルタルソースをたっぷりつけていただきます。「おいしい!エビの歯ごたえと衣のサクサクした香ばしさが口に入れた瞬間フワッと出てきますね」と絶賛!


もう一つのチキンソテーは肉質の良さとコクのある味わいが特徴の恵那鶏を使用。玉ねぎがたっぷり入った醤油バターソースでいただきます。「醤油バターソースって嫌いな人いないですから!」と『チキンソテー』を頬張り「頼んで良かった!美味しい!鶏がやわらかいですね。」


「ご褒美的な感じの凄くおいしい贅沢な洋食って感じがするんですけれども、値段はリーズナブルで気軽に食べれるのが嬉しいですね!本当にいいわ」と商店街で長年愛される洋食に大満足のぐっさん。


昭和レトロな喫茶店に感激!極上のコーヒーブレイク『喫茶たけ』

続いては仲田本通商店街に店を構えて48年の老舗喫茶店『喫茶たけ』。昭和の雰囲気が残るレトロなインテリアがなんとも落ち着く店内。「いいですねー!久しぶりに昔ながらの喫茶店に入ったな」とテンションが上がります。



店内の壁に綺麗に並んだ常連客のコーヒーチケット!これまたレトロで「こういうのもしびれるね。名古屋は喫茶店文化がすごいから」と盛り上がるぐっさん。お店の方との会話も心地よく、コーヒーを待つ間も世間話が尽きません。


自慢の『コーヒー』(350円)はマスターの奥様が手作りしたケーキ付き! 「あー、この深みと苦みだなー。歴史を感じる、深みが。コクも苦みも凄くバランスがあるんですけど、さわやかに飲めるという。ケーキもホワッホワ!おいしい!」と納得。



すっかりお店に馴染んだぐっさん「こういうところ近所に欲しいなー」としみじみ…極上のコーヒーブレイクを堪能しました。


イタリアンシェフがプロデュース!世界中のパンが集まる『NICOLA BREAD』

続いては1年半前にオープンした『NICOLA BREAD』。オシャレな店内には沢山の種類のパンが!こちらのお店は世界中のパンを集めた“パンのセレクトショップ”なんです。


オーナーシェフの岩田さんは名古屋市内でレストランを経営するイタリアンのシェフ。パン好きが高じてこちらのお店をオープンしたそうで、パンの他にもイタリア産のこだわり食材を使ったサンドウィッチをお酒と一緒に楽しむこともできます。



「パンのラインナップもすごいですね!」と驚くぐっさん。おススメはナポリ名物のお菓子『スフォリアテッラ』(330円)。生地を成形して冷凍したものをナポリから直送してオーブンで焼いているという、まさに本場の味!


ドイツのパン『バタープレッツェル』(429円)も追加し、イタリア・シチリア産の白ワインと一緒に優雅にいただきます。


まずは『バタープレッツェル』から。中身には濃厚な発酵バターが詰まっていて口に入れるとジュワッと染み出てきます。


『スフォリアテッラ』は幾重にも重なったパリパリの生地に、中にはレモンの風味をつけたリコッタチーズが!


「ちょっと旅行に来たみたい。名古屋市内でその雰囲気を味わえるというお店は貴重ですよ。普段食べられないパンとか、そこに行かなくてもここで食べられるというのは幸せですね!」と新たな食の体験にときめきます。


夏限定の『1口栗きんとんわらび餅』に感激!『粟の屋本家』

続いて訪れたのは創業60年以上になる和菓子店『栗の屋本家』。自家製の蜜に漬け込んだ国産の栗を丸々一粒入れて焼き上げた銘菓『くりのや』など、個性豊かな和菓子が並びます。



現在は若き三代目の南谷隆之さんが職人として加わり新しい風を吹き込んでいるそうで、隆之さんが自信を持ってすすめる夏の人気商品が…


季節限定の『1口栗きんとんわらび餅』(550円)。県外からも訪れるお客さんがいる人気商品です。ぐっさん特別に店内でいただきます。


小ぶりで可愛いサイズの栗きんとんわらび餅を一口でパクリ!「これめっちゃおいしいじゃないですか!遠方からはるばる買いに来られるのが分かります。すごいシンプルなんですけど、めちゃめちゃ美味しいですね!大きさも丁度いいんですよね」と大興奮のぐっさん。次から次へ食べる手が止まりません。


「感動の域ですね!本当に美味しかった。いいお店。ちょっと覚えておくね」とかなり気に入った様子。魅力いっぱいの仲田本通商店街で、今回も素敵な出会いがあったぐっさんでした。


『ぐっさん家』

出演:山口智充
東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分放送
【番組HP】 ぐっさん家

※記事の内容は放送当時のものです

ぐっさん家

“ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、 素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ  Locipoでは、最新作がご覧いただけます。

動画を見る!