爆問・太田が明かす!出版社に対する複雑な想いとは?『太田上田』

爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、自由奔放にトークを繰り広げるトークバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週火曜深夜24:59~)。

2022年1月25日放送の番組前半では、50代にして忙しさのピークを迎えたM-1王者・錦鯉について語られた。後半では“話題の裁判”についてのトークが白熱し、太田の本音が明かされる展開となった。

『太田上田』の動画を見る

爆問・太田、裁判の話題で相方に不満!?

前半で語られたラジオの生放送の日の判決後に、出版社側がマスコミに配った紙には「太田は割り算ができなかった」と書かれていたそう。これには太田も、「まだ書くの?」と呆れた様子で思いを語った。


上田「あんた、お釣りの計算もできないじゃんか」
太田「それは引き算でしょ?」
上田「だったら割り算もっとできないわ!」

太田の発言にすかさずツッコミを入れる上田。


太田は割り算ができないことは関係ないと、出演番組内で真剣に訴えかけたところ、それを聞いた相方の田中裕二から、「それだけ頭が悪いっていう証明じゃないの?」とまさかの反論があったのだとか。

太田「そこはツッコまなくていいとこじゃん!絶句しちゃった」
上田「一番の敵は身内にいたね」
太田「ツッコんでほしいときにはツッコまないくせにさ!頭きちゃって!」


裁判の話題から田中への不満が明かされ、スタジオでは笑いが起こるのだった。

爆問・太田が出版社に対する複雑な想いを明かす

出版社側がマスコミ向けに出した文章の末尾には、雑誌名ではなく出版社名が記されていたそう。これに対して太田は、複雑な思いを抱いていることを明かす。


高校時代に友達がいなかったという太田は、その出版社の文庫本を愛読していたのだとか。自身の小説をその出版社から発売できたことも、太田にとっては大きな喜びであったようだ。

本から教わったことも多いと熱く語る太田は、「(出版社が)教えてくれた通りの人間になってる」と主張した。


予想以上に太田の話がヒートアップしてしまい、話を切り出した上田は「俺が悪かったよ!」と軽い気持ちで話題を振ってしまったことを反省した様子。スタジオでは笑い声が響くのであった。

『太田上田』

■1週間見逃し配信中!
Locipo(ロキポ)

■過去の放送はこちら
Hulu ※未公開シーンあり
U-NEXT

■これまでの名シーン配信中!
YouTube

【番組HP】https://www.ctv.co.jp/otaueda/
2人に話してほしいテーマやトピックを募集中!
【出演者】太田光(爆笑問題)上田晋也(くりぃむしちゅー)

※記事の内容は放送当時のものです。

太田上田

爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、自由奔放にトークを繰り広げるトークバラエティ番組。

動画を見る!