買取専門店『なんぼや』に密着!金&ブランド品需要増加で意外なものが高値に!?『スイッチ!』

不安定な社会情勢を背景に安全資産として“金”を買う人が増加し、金相場も高騰している昨今。あらゆる物価相場が上昇する現在、貴金属などの資産を売却し、現金化する需要も高まっています。

全国に100店舗以上を展開する買取専門店『なんぼや』に密着し、昨今の買取事情を探りました。 東海テレビ『スイッチ!』6月22日放送から

派手な柄の服は海外需要が高い!


品物の状態を問わず、幅広く買取してくれることで人気のブランド品・貴金属買取専門店『なんぼや』。

今回は愛知県名古屋市にあるメルサ栄店の店長・太田有映さんに密着しました。


まず20代の女性客が査定に持ち込んだのは、『クリスチャン・ディオール』や『ドルチェ&ガッバーナ』など高級ブランドのワンピース。

太田店長は服の状態を確認しながら、「(柄が)夏って感じですね」など客との会話を続けます。


太田店長の査定によって、ドルチェ&ガッバーナの赤い花柄のワンピースは5000円、そのほかのワンピースは8000円の値段が付きました。さらにクリスチャン・ディオールのワンピースは、なんと1万5000円を提示。


女性客は「服ってダメだと思っていた」とあまり期待していなかったようで、少々驚きながらも上機嫌な様子です。

着る機会が限られそうな派手な柄であるにもかかわらず、高額で買取を行っている理由のひとつは「柄がはっきりしている」ということ。太田店長によると、「国内だけでなく海外での需要が高くなっている」のだといいます。


『なんぼや』の自社オークションには、海外の業者も多く存在。独自にもつ海外へのルートを活かすことで、高級ブランドの派手な柄の服は高く買い取ることができるのだと話します。

また、最近はブランドカバンなどの買取需要も高いのだとか。コロナ禍による外出自粛で旅行に費用を割かなくなった分、ブランド品の購入にお金を使う富裕層が多いようです。

さらに女性客は、18金ネックレスと『グッチ』の時計を追加査定。ネックレスは5月初旬にも査定に持ち込んでおり、その際には1万5000円の金額を提示されたそう。6月中旬に改めて査定してもらうと、1万7000円に!金の相場が上がったことで、買取金額が2000円アップしました。


金の価格高騰もあり、『なんぼや』では金の取り扱いが増えているそう。金価格の推移をグラフで見ると、およそ10年前には金1gで1105円。現在は約7700円にまで高騰し、比べると7倍近くになっています。


高騰の理由には、ウクライナ情勢などが挙げられます。太田店長によると、戦争などによって通貨の価値が不安定になり、安全資産として金を買う人が増えていることが高騰した要因のひとつ。最近では1カ月単位で相場が大きく変わることもあり、同じ商品でも数千円の違いが出ることもあるのだそう。

ブランドのワンピースや靴、18金ネックレス、時計などを売りに出した女性客。最終的に合計すると7万3100円となり、目標としていた5万円を達成した女性客は結果に大満足の様子でした。

高級時計のパーツだけでも買取できる!


続いて70代の男性客は、今回が2回目の来店です。前回の来店ではロレックスの本体(時計盤)のみを売却。それまで男性客はベルトを付け替えて使用していたそうで、純正のベルトが見当たらなかったといいます。

純正のベルトではないことから「4~5万は違う」と話した太田店長。すると男性客は後日、押し入れから純正のベルトを見つけたため再度訪れたというわけです。


果たして腕時計のベルトだけでも売れるものなのでしょうか?

ベルトと時計盤はセットで買い取ることで高く値がつくため、ベルトだけでは「1万円くらい」と話す太田店長。「きれいな状態を加味しまして、頑張らせていただいて1万2000円」と男性客に提示しました。ベルトだけでも1万円以上の値が付き、男性客は納得した様子。


このように『なんぼや』では、ロレックスなど高級腕時計に関してはパーツだけでも買取可能。なんと1コマずつでも1000円ほどで買取ができます。

また高級腕時計のロレックスは現在価格が高騰しており、一部の人気商品は20年前の購入金額から倍の値で売れることもあるのだとか。


さらに『なんぼや』では腕時計のみならず、ヴィトンやエルメスのショルダーストラップだけでも買取をしてくれます。

ときにはショルダーストラップだけでも数万円の値段になることもあるそうなので、一度相談してみてはいかがでしょうか。


客に寄り添い売却以外の提案も


初来店だという20代の女性客は、母親から譲り受けたという18金の指輪とプラチナと18金の指輪を持参しました。一昔前の宝石デザインで「趣味と合わない」という理由から売却を検討しているようです。


18金の指輪は2万1000円、プラチナと18金の指輪は1万5000円と値が付きましたが、母親から譲り受けたものということもあり、売却を決めきれない様子。

すると太田店長からは、「プラチナや18金のリングは2・3万円で買えるものではないので、リメイクして使うといいのかな」と意外な提案が。女性客も提案に対して「なるほど」と納得した様子です。


太田店長は「ご売却していただいたほうがうれしいんですけど」と前置きしつつも、その客にとって売却するのがいいのか、使い続けたほうがいいのかを判断して提案しているのだと話します。


太田店長「今回のお客様に関しては、続けて使われたほうがいいのではないかと思って、あえてご売却じゃなくてリメイクを勧めさせていただきました」

リメイクという手段があることに気づけたことをよろこび、「店長さんが優しくしてくれたのがありがたかったかなと思います」と満足そうな様子の女性客。太田店長はこうした客の気持ちに寄り添い、最適な提案と丁寧な査定を心掛けているのでした。

金をはじめ物価の相場が高騰するなか、タンスに眠っていた品が思わぬ価値を付けていることが往々にしてあるのではないでしょうか。服やアクセサリー、靴、時計などアイテムに限らず、まずは買取専門店に相談を。金額を見ながら、いま売るべきかどうかを含めて検討してみるといいでしょう。

配信動画では、さらに高額な時計を査定に持ち込んだ常連客との高難度なやり取りも公開!なかなか見られない買取の現場を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

『スイッチ!』

毎週月曜~金曜あさ9時50分から放送中。 もっと東海地方を好きになる“スイッチ”を押す生情報番組。 お出かけスポットやグルメはもちろん暮らしのちょっとしたヒントになるトピックスを幅広くお届けしています。

動画を見る!