タンザニアアートに魅せられて! 地下鉄東山線・本山駅から東山公園駅を歩く旅!『ぐっさん家』

”ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ「ぐっさん家」(東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分~放送)

今回(2021年2月6日放送)は「傑作選 地下鉄東山線の上を歩く旅 本山から東山公園へ!」
東山線の中でも個性的なお店が集まる本山~東山公園エリアを巡りました。


ふわとろ!もちもち!体に優しいグルテンフリースイーツ!

まず気になったのは、グルテンフリーのスイーツ店「ライラック」。

グルテンフリーとは、小麦粉などから精製するタンパク質・グルテンを含まない食べ物のこと。
小麦が苦手な方にもスイーツを楽しんでもらえるよう、こちらのお店では米粉や玄米粉など8種類を使い分けて作っています。

ぐっさんがオーダーしたのは、お店の名物「ふわとろチーズタルト」(230円)と「もちもちシュークリーム」(250円)。

店先にあったベンチでひと休みしながら、いただきます。


「ふわとろチーズタルト」の生地に使われているのは米粉やタピオカ粉など3種類。
バターや卵を加えてサクサクの食感に!
そこにチーズとカスタードを合わせたクリームをたっぷり詰めて焼き上げています。

「チーズの味がひき立ってますね!このサクサクの生地がほのかに甘いので、その調和がすごくいいです!」と、満面の笑み。



続いて「もちもちシュークリーム」をいただきます。
「一番最初の感想…重い!重い! シュークリーム好きにはたまらんな」と、ずっしりと重さに手ごたえを感じつつかぶりつくと…

「めちゃめちゃ入っている、パンパン!うまい、これ!甘すぎないのがいい、飽きない」と大絶賛!

ぐっさんのハートを射止めたタンザニアアート!ティンガティンガって?

続いて立ち寄ったのは、「ギャラリー・タンザニア フィリア」。 
店主の清水さんが魅せられた、東アフリカ・タンザニア発祥の「ティンガティンガ」という絵画と、それをモチーフにした雑貨が並ぶギャラリーです。

「ティンガティンガ」とは1960年代にタンザニアで生まれたポップアート。
6色のペンキを使い、木の板にタンザニアの街や自然、動物を色鮮やかに描くのが特徴です。

「僕アフリカの柄が好きなんです!」と、目を輝かせるぐっさん。
店内には絵画のほかに、椅子や小物も沢山あって、興味津々!




「楽しい!こういう柄は日本になかなかないんですよ」と、すっかりタンザニアのアートに魅了されたぐっさん。

知多半島にある『ぐっさん家』の別宅「ザ・グットサン・ビーチハウス」にと、テーブルクロスや木製のミニボード「ティンガティンガ・ボード」(3000円)を購入しました。




老舗和菓子店のおしゃれなカフェで絶品あんみつ!

次にやってきたのは創業386年、「千なり」でお馴染みの老舗和菓子処「両口屋是清 東山店」。

国立競技場などを手掛けた有名建築家・隈研吾さんがデザインしたというハイセンスな店舗で、2階には喫茶スペースもあり、ゆっくり過ごせます。


ぐっさんが注文したのは、「あんみつ抹茶セット」(1210円)
丹波産の大納言小豆を使った餡に和三盆の蜜をかけていただきます。

「餡めっちゃ美味しい!」と大満足!
上品な和の空間で極上の時間を満喫しました。



素敵なブックギャラリーでぐっさんが選んだ本は?

ゴールの東山公園駅まで間もなく…というところで見つけたのは「kokoti café(ココティカフェ)」。

1階は北欧風のカフェスペース、2階は絵本や児童書が並ぶ「Book Gallery トムの庭」という書店になっています。



海外の絵本が好きだという店主の月岡さんがセレクトした翻訳絵本を中心に、楽しい絵柄の作品がズラリ!

普段はあまり本を読まないぐっさんも、素敵な表紙に興味をひかれ1冊購入。

今回も素敵な出会いがいっぱいの旅に大満足のぐっさんでした。


『ぐっさん家』

出演:山口智充
東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分放送
【番組HP】 ぐっさん家

※記事の内容は放送当時のものです

ぐっさん家

“ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ  Locipoでは、最新作をご覧いただけます。

動画を見る!