岡崎出身・青木源太とともに岡崎市で気になるウワサのお店巡り!(後編)『デラメチャ気になる!』

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。10月3日の放送では地元岡崎出身のフリーアナウンサー・青木源太をゲストに迎え、はるな愛・村上佳菜子とともに岡崎市でウワサのお店を巡りました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る


【家康公ゆかりのお寺の参道で発見!最新人気カフェの謎クレープとは!?】【「ステーキ焼くならコレ!」と大評判!1日100枚売れる“産地直送”のマル秘鉄板!】のデラメチャ気になるウワサは前編にて![前編はこちら]

ファンの数は何と100万人以上! SNSで大注目のオムライス店

岡崎で続いて検証するウワサは『100万人以上のファンがいるオムライス店があるらしい』。岡崎の人口は37万人なのでおよそ3倍のファンがいる計算に! 思わず耳を疑ってしまうようなウワサです。そんな衝撃的なウワサの秘密を求めてやってきたのが静かな住宅街にある『とろ~り卵のオムライス さん太』。


店内に入るとビシッと刈り上げを決めた神谷敢太さんが迎えてくれました。


神谷さんに早速ウワサについて聞いてみると、なんと「SNSのフォロワーが150万人以上」という答えが。100万人からさらに50万人増えていました!2代目の神谷さんがオムライスの動画をTikTokに投稿したところ、「食後なのにお腹空いてきた」「料理超えて芸術で草」「ストレスが吹っ飛ぶ」とバズりまくり!それがこちら!


話題の動画とは『一瞬でパッカーンと気持ちよく開くオムライス』。これは間違い無くお腹が空きますね……!しかし、動画だけでは映像加工の可能性もあります。ということで、3人の目の前で実際に検証です。出てきたのはプルップルのオムレツがのったオムライス。期待に胸が膨らみます。


そしてナイフを入れると……?


間違い無く目の前でもパッカーン! 50万人が絶賛するのも納得の美しさです。熱したフライパンで卵3個を包み込むように焼くことで生まれるフワトロオムライス!パッカーンと開いた後は色目も美しいデミトマトソースをたっぷりかけ、さらにマヨネーズソースとチーズクリームで酸味と風味もプラス。見ているだけでお腹が空いてしまいます。


ということで、3人そろって早速試食です。


「全てがやさしい」と顔をほころばせる青木。ただ映えるだけではなくしっかりと美味しい絶品オムライスでした。150万人のファンがいる神谷さんにあやかってバズり間違い無し動画の撮影に挑戦!!しかし……


何と大失敗!! これはさすがに神谷さんもフォローしきれずでした。再挑戦した成功バージョンは番組公式Twitterに掲載していますのでぜひご覧下さい!

華麗な技を持つ凄腕職人は何とパートさん!?フワフワがたまらないできたてどら焼き!

歴史ある街・岡崎市には美味しい和菓子店も軒を連ねています。その中でもウワサとなっているのが『華麗な職人技が見られる茶房』。3人は早速ウワサのお店『うめとら茶房』さんを訪問します。


店内に入るとまず目に飛び込んできたできたのが立派な茶室!


しかしこれはあくまでも観賞用。これが職人技ではないと話します。このお店のオーナーを務めるのは30年以上の職人歴を持つ梅村純夫さん。出来立ての和菓子を食べてもらいたい、と昨年11月にこのカフェをオープンしました。


そんな『うめとら茶房』で絶品の和菓子とともに地元で話題となっているのが鉄板を使って焼き上げるスイーツ。しかし、その鉄板の前に立ったのはベテラン職人の梅村さんではなく、パートスタッフの柴田さんでした。


可憐で華麗な柴田さんが焼きはじめたのはどら焼きの生地。鉄板の上に生地を流すと、柴田さんが取り出したのはなんとガスバーナー! 生地に炎を当てるとみるみるうちに膨らんでいきます。


この炙り焼きこそが『うめとら茶房』オリジナルのどら焼き。たとえパートスタッフでも一人前の和菓子職人として扱うのが梅村さんの流儀ということで、現在5名いるパートさんたち全員、納得の味が出せるまでみっちり修行をつけてもらったそうです。焼けた生地にはラム酒入りのシロップを塗り、北海道産の小豆を使ったこだわりの粒あんをたっぷりと乗せて完成。出来立てのフワフワ感がたまらないどら焼きの完成です。


地元の人たちに囲まれてやや緊張気味の青木源太。初心を思い出しながらの食レポです。


焼きたてのどら焼きは中がふっくら。そしてバーナーで炙ることで周りにはサクサク感が残り、美味しさを一層引き立てています。これでお値段はなんと200円、超お値打ちです!一人前の和菓子職人として扱われるパートさんたちは新メニューの開発も行っているとのこと。パートさんが生み出した驚きの和菓子も試食させて頂きます。


美しい緑色が鮮やかな逸品は『青のりのおはぎ』。ベテラン職人の梅村さんをして「おはぎに青のりを使うのはありえない、まず考えない」取り合わせのおはぎ。「本当かよ」と思いながら食べて見ると「うまい!」と納得。じゃあ商品にしようと販売をはじめたそうです。


青のりのフレッシュな香りとほのかな苦味があんこの甘味をぐっと引き出して、3人揃って大満足! 岡崎にまた素敵な和菓子が誕生しました。

取材先

とろ~り卵のオムライス さん太 羽根店

住所:〒444-0813 岡崎市羽根町鰻池112-3
お問い合わせ:0564-57-9966
料金:ぱっかーんオムライス…1,980円 ※チーズクリームのトッピングは+200円
コメント:ナイフを入れると「ぱっかーん!」と気持ちよく開くオムライス。ソースはデミトマトとマヨネーズ、おすすめは、チーズクリームをプラス!

うめとら茶房

住所:〒444-0938 岡崎市昭和町字川田15-1
お問い合わせ:070-2926-1122
料金:できたておはぎ(青のり)…200円 できたてどら焼き(小倉あん)…200円
コメント:2020年11月オープン。店内にあるカウンターキッチンで職人さんがどら焼きを作る様子が見られ、出来立てが味わえる。青のりや梅といった変わり種おはぎも。

『デラメチャ気になる!』

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながらぶらり街歩きする番組。Locipoでは過去の放送も配信しています。

【放送局】テレビ愛知 毎週日曜日 午後2時30分放送
【番組HP】https://tv-aichi.co.jp/deramecha/
【配信】Locipo YouTube ​
※記事の内容は放送当時のものです。

デラメチャ気になる

デラメチャ気になる!

街で見かける気になる看板―、気になる暖簾―、気になる行列―、そんな気になるを解き明かしながら「はるな愛」と「村上佳菜子」がぶらり街歩き。

動画を見る!